賃貸の探し方

賃貸物件の賢い探し方!ネットで優良物件や掘り出し物件を見つける方法を徹底解説

公開日:

最終更新日:

「どうしたら良い物件が見つかるの?」

「他の人が見つけられないような掘り出し物件や優良物件を見つけたい!」

引っ越しというイベントはそう多いものではありません。せっかく引っ越しをするなら穴場な物件を見つけ出したいですよね。

今回はいつもの探し方ではなかなか見つけられないような優良物件を見つけられるコツ、おすすめのサービスについてわかりやすくお伝えします。

うまく希望の物件を見つけられない方や、はじめて物件探しをする方はぜひ参考にしてみてください。

また、記事内で紹介している賃貸サービス「RoomPa(ルムパ)」では、家具家電付きやおしゃれで格安な物件などを豊富に扱っています。

サービスリリースからわずか7か月で利用者累計6000人を突破した今注目の不動産賃貸サービスなので、チェックしてみてくださいね!

賢い賃貸物件の探し方|優良物件を素早く見つける3つのコツ

「こんなお部屋に住みたい」

「できるだけお得に引っ越しがしたい」

「効率よく物件探しをしたい」

そう考えていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

新しい物件探しはワクワクしますよね。

しかし最初は期待に胸を躍らせていた物件探しも、なかなか思い通りの物件が見つからなければ疲れてきてしまうものです。

優良物件を見つけるためのコツを覚えておけば、効率よくお部屋探しを進めることができます。

難しいことはとくにありません。初めてのお部屋探しや、理想のお部屋で契約したいという方は参考にしてみてくださいね。

1)条件の中で妥協できる項目を決めておく

物件探しをする際、はじめに決めるのが「お部屋の条件」です。

たとえば…

  • 家賃〇万円以内
  • 最寄り駅から徒歩〇分以内
  • お部屋の間取りは◯k
  • オートロック付き

不動産ポータルサイトから、上記のように条件を絞って物件探しをする方も多いのではないでしょうか。

優良物件を見つけるコツとして、まずは妥協できる条件をあらかじめ決めておきましょう。

不動産ポータルサイトを利用することによって気軽に物件探しができるため、条件欄のチェック項目にいろいろな条件を詰め込んでいませんか?

最初は「家賃」「間取り」「設備」などの中で絶対に譲れない条件を2~3つ決めて、それ以外は柔軟に考えるとよいでしょう。

最寄り駅の距離や設備は、多少の違いであれば案外生活に支障なく過ごせます。

実際に生活することを想像して計算やイメージをしてみてくださいね。

2)希望の地区の賃貸相場や沿線を調べる

勤務先によって住むエリアを決める方も多いと思います。

とくに土地勘のない地域だと、勤務先への道のりがわかりやすい地区や「憧れ」の地区にこだわりがちです。

一区間変えるだけでも、家賃をかなり抑えられることがあります。

乗換案内のサイトや検索エンジンを利用して、勤務地や中心部までの時間を簡単に比較してみるのがおすすめです。

エリアや最寄り駅の候補がいくつか決まったら、物件探しのときに担当スタッフへ伝えておくとよいでしょう。

3)不動産会社の閑散期を狙う

不動産会社の閑散期は主に「6月~8月」「11月~12月」といわれています。新生活や転勤などの動きが落ち着くからです。

閑散期と聞くと「いい物件がなさそう」と想像する方がいるかもしれませんが、実はメリットもたくさんあります。

繁忙期は必然的に空き部屋が多く発生し、条件のいい物件は競争率が高くなります。

物件の数自体は繁忙期に比べて少なくなりますが、閑散期なら比較的じっくりと物件探しができて、物件契約を安く済ませられる可能性が高まるのです。

閑散期は梅雨や真夏日と重なるため、アクティブに動くのがつらいというデメリットがあります。

しかし今ではオンラインで内見を済ませたり、相談から契約までをWEB上で完結できるサービスもあるので、うまく活用するととても快適な物件探しが可能です。

また、オンライン内見について詳しくまとめた記事があります。ご興味のある方はご覧になってみてください。

参考

オンライン内見とは?リモートでのお部屋探し・賃貸内見の手順やおすすめのWeb内見サービス7選を紹介ATTO!|不動産情報メディア

掘り出し物件の探し方|格安不動産賃貸サービス「RoomPa(ルムパ)」とは?

画像出典:RoomPa

相談から契約までWEBで完結できる不動産サービスは、不動産業界の中で少しずつ拡大しています。

とはいえ、まだまだオンライン内見に対応していない不動産会社が多いのも事実です。

そこで、お得な物件探しができて、相談から契約までWEB完結が可能な注目の賃貸サービス「RoomPa(ルムパ)」についてご紹介します。

自宅にいながら余裕のある物件探しができるので、自分にとっての掘り出し物件も見つけやすくなることでしょう。

RoomPa(ルムパ)はお得な物件探しができる不動産賃貸サービス

初期費用が業界屈指の安さであるのが特徴のRoomPa(ルムパ)。サービス開始からわずか7か月(2021年8月31日時点)で累計利用者6000人を超えた、今注目を浴びている賃貸サービスです。

担当スタッフの知識と経験による初期費用の大幅な見直しや、気軽にスマホで相談ができるサービスが利用者の関心や満足度が高まっている秘訣のようですね。

RoomPa(ルムパ)が掘り出し物件を探すサービスとしておすすめな理由

  • 高条件な物件が他社よりも格安
  • ポータルサイトに掲載されていない物件を取り扱っている
  • 初期費用をとにかく安く抑えられるため、かなりお得な引っ越しが可能
  • 「安いと何か裏がありそうで不安」「オンライン内見でも大丈夫なの?」

    そのような心配はいりません。オンラインお部屋探し専門のスタッフがお得な引っ越しのため、丁寧に案内をしてくれます。

    以下の記事では、実際にRoomPa(ルムパ)のサービスを利用した感想をまとめています。

    気になる方はぜひ見てみてくださいね。

    参考

    オンライン内見をやってみた!今話題のサービスRoomPa(ルムパ)を体験!ATTO!|不動産情報メディア

    23時まで利用可能なLINEで相談ができる

    物件探しは、友達とのやりとり感覚で利用できる「LINE相談」からはじまります。

    LINE相談は23時まで対応しており、日々学業やお仕事で忙しい方でも空いた時間にやり取りを進めることが可能です。

    希望条件のヒアリングは11時から23時までの幅広い時間帯の中で選択ができるので、お仕事などで帰りが遅くなってしまう方もスムーズにやりとりができますね。

    相談から契約までWEB完結が可能

    不動産業界に限らず、オンライン上で完結できるサービスは年々需要が伸びています。

    店舗や物件に実際に足を運ぶ必要のあるお部屋探しは、長引くと疲れてしまいがちですよね。

    RoomPa(ルムパ)はオンラインに特化しており、「相談」「内見」「契約」までをWEB上で完結させられます。

    遠方に住んでいる場合でも物件や不動産屋まで足を運ぶ手間をかけずにじっくりとお部屋探しができるので、結果として「このお部屋に決めてよかった!」と思えるような掘り出し物件に出会えたりするのです。

    実際にRoomPa(ルムパ)を利用してみた感想をまとめた記事もありますので、興味のある方は一度見てみてくださいね。

    参考

    オンライン内見をやってみた!今話題のサービスRoomPa(ルムパ)を体験!ATTO!|不動産情報メディア

    「RoomPa(ルムパ)」の初期費用が圧倒的に安い理由

    RoomPa(ルムパ)の特徴のひとつとして「初期費用の安さ」が挙げられます。

    これは、経験と知識の豊富な担当スタッフが初期費用の項目をひとつひとつ徹底的に見直し、必要に応じて交渉までも行ってくれるからです。

    たとえば鍵交換費用の場合、一般的には2万円ほどの支払いが必要といわれています。

    RoomPa(ルムパ)は鍵の交換費用や保証会社手数料など、他の不動産会社ではなかなか届かないような項目も見直すことによって、初期費用を業界屈指の安さに抑えることが可能なのです。

    ※キャンペーンコード:T7k8y2sQ

    *下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

    • 家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件
    • AD(広告料)150%未満の物件
    • 他のクーポンとの併用

    物件探しで後悔しないために|抑えておきたい5つのポイント

    せっかく新しいお部屋に住むのですから、後悔はしたくないですよね。実際に引っ越しを済ませたあとも後悔しないためのポイントを5つにまとめました。

    以下のポイントを抑えて、自分にぴったりのお部屋を探しましょう!

    1)内見を行う物件の順番に惑わされない

    不動産会社にもよりますが、複数の物件候補がある場合に、内見を行う順番の工夫によってひとつのお部屋が際立って魅力的に見えることがあります。

    利用者にとっても納得できる本当によい物件であることが大半ですが、契約を決める際にはそれぞれ物件の特徴を見て、自分の条件との差を確認してから決めるとよいでしょう。

    2)築浅にこだわりすぎない

    築浅で綺麗なお部屋は魅力的ですよね。しかし、どうしても築浅物件は他の物件に比べて家賃が高めです。

    実は築浅でなくても、内装リフォームを行っておしゃれな内装にしていたり、かなり綺麗なお部屋に変わっている、まさに「掘り出し物件」というものが存在しています。

    築浅という条件を外すだけで、条件がよく家賃も安い物件に出会える確率が上がります。

    築年数が浅い物件を条件に入れている場合は、一度築年数の条件を外して探してみてください。

    意外と素敵な物件を見つけられることがありますよ。

    3)譲れない条件を2つ決める

    「これだけは絶対に譲れない」という条件を2つほど決めておきましょう。たとえば敷金ゼロやバストイレ別、そのほかの設備などです。

    あまりにも範囲が広いと物件を絞りこむのが難しくなってしまうので、最低限の譲れない条件はしっかりと決めておくのがベストです。

    4)室内の電波状況を確認する

    電波があまりよくないのは、都心部から離れたエリアの物件で稀にあることです。

    インターネット設備が整っているマンションもありますが、そうではなく自分で設備を準備する場合には注意が必要です。

    現地やオンラインに関わらず、内見の際には支障のない程度に電波が通っているか念のため確認をしておきましょう。

    オンライン内見の場合でも、担当スタッフは携帯電話を持っていることが大半ですので、電波状況を一言聞いてみるとよいですね。

    5)生活費の計算をしてから希望家賃を決める

    先の項目で妥協できる条件を決めておくとお伝えしました。中でも家賃はこれから毎月支払っていく大事な費用です。

    家賃の予算を引き上げると選択肢が増えたり、よりよいお部屋に出会える確率も上がります。
    しかしあまり余裕のない予算設定にしてしまうと、後悔に繋がってしまうことがあるのです。

    少し予算を引き上げて候補を増やしたい場合は、あらかじめ生活費の計算をしたうえで予算を決定しましょう。

    賢い賃貸物件の探し方|条件を見直して自分に合ったお気に入りの物件を見つけよう!

    今回はいつもの物件の探し方では見つけられないような「優良物件」「掘り出し物件」を探すためのコツやポイントをご紹介しました。

    よりよい物件を探すために共通しているのは、条件を見直すことです。

    こだわりの条件を詰め込んで希望通りの物件が見つかればよいですが、なかなかそうもいかないのが現実。

    ほんの少し条件の幅を広げるだけで、優良物件や掘り出し物件に出会える確率はグンと上がるので、ぜひ条件の見直しは一度行ってみてください。

    また、記事内でご紹介した賃貸サービス「RoomPa(ルムパ)」は同棲物件や家具家電付き、フリーレントなど豊富に物件を取り扱っているサービスです。

    素敵な物件を見つけたいという方はもちろん、初期費用を抑えてお得に物件契約をしたいという方はお気軽にLINE相談をしてみてくださいね。

    キャンペーンコード:T7k8y2sQ

    *下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

    • 家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件
    • AD(広告料)150%未満の物件
    • 他のクーポンとの併用