初期費用

【初めての方必見!】一人暮らしに必要な初期費用はいくら?相場や最低額、家電家具にかかる費用も徹底解説

公開日:

最終更新日:

一人暮らしを始めるにあたって、初期費用が気になる方も多いのではないでしょうか。

「いくらあれば足りるだろう」

「費用の平均ってわかるの?」

一人暮らしの費用に関する悩みは尽きないものです。

「あまり予算がないけど、最低いくらあれば一人暮らしできるの?」

一人暮らしを始める際の費用に充分な余裕がない方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、一人暮らしの初期費用を、かかる費用ごとに分けて詳しく解説します。

引っ越しや家具・家電などにかかる費用の相場についてもあわせてご紹介するので、初期費用のトータル額の目安がつかめるでしょう。

初期費用を安く抑えるためのコツも伝授しますので、ぜひ最後まで読んでください。

初期費用を賢く節約して、余裕のある新生活をスタートさせましょう。

なお、RoomPa(ルムパ)では、専門エージェントの交渉により業界屈指の初期費用を実現できます。

キャンペーンコード:T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

  • 家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件
  • AD(広告料)150%未満の物件
  • 他のクーポンとの併用
目次

初期費用の目安は家賃の約5倍+引っ越し代+家具・家電代

一人暮らしの初期費用は、一般的に家賃の約5倍を目安にするとよいといわれます。ただし、この5倍というのは物件の契約にかかる費用を指しています。

一人暮らしに必要な費用として、引っ越し代も忘れずに計上しておきましょう。

また、初めての一人暮らしでは家具や家電を新たに買いそろえるケースも多いので、家具・家電の購入費も用意しておきたいところです。

引っ越しの時期や家具・家電の点数にもよりますが、以下の金額を相場ととらえておきましょう。

  • 引っ越し代:約4~8万円(距離・時期・荷物の量で異なる)
  • 家具・家電代:約15万円

それぞれの相場とまとめた場合、以下の表のようになります。ここでは物件の契約にかかる費用から、引っ越し代は200Kmで5万円、家具・家電をそろえるための費用15万円の計20万円を加算しています。

家賃物件の契約にかかる費用初期費用総額
4万円約20万円約40万円
5万円約25万円約45万円
6万円約30万円約50万円
7万円約35万円約55万円
8万円約40万円約60万円

一人暮らしの初期費用に50万円を用意していた場合、家賃が5~6万円程度の物件であれば予算内で入居できる確率が高いといえます。

初期費用が50万円で家賃6万円を超える物件に入居したい方は、初期費用を抑えたほうが安全でしょう。

一人暮らしの初期費用を安く抑えるためのコツについては、後ほど詳しくご紹介します。

初期費用の項目別の相場をチェック

それでは、物件の契約時に必要な初期費用について詳しく見ていきましょう。

家賃が6万円の物件に15日に入居すると仮定した場合、かかる費用は以下の通りです。

費用名金額
敷金(1ヶ月分と仮定)6万円
礼金(1ヶ月分と仮定)6万円
仲介手数料(1ヶ月分と仮定)6万6,000円
日割り家賃3万円
前家賃6万円
保証料2万円
火災保険料1万5,000円
24時間サポート代1万5,000円
鍵の交換代1万円
合計31万6,000円

それぞれの費用については以下で解説します。

敷金・礼金 | 家賃の1~2ヵ月分が相場だが0円の物件もあり

敷金と礼金はいずれも物件の契約時に支払う費用ですが、それぞれに特徴が異なります。

敷金は、大家さんや管理会社に一時的に預ける費用の意味合いがあります。家賃の滞納があった場合に敷金を未納分に充当するほか、退去時クリーニング代にも充てられます。家賃の滞納がない場合は、退去時のクリーニング代などを差し引いた額が返金されます。

礼金は、物件の契約が決まった際に大家さんや管理会社に謝礼として支払うものです。謝礼金なので退去時も返金されることはありません。

相場はいずれも家賃の約1~2ヶ月分ですが、近年では敷金・礼金が0円のいわゆる「ゼロゼロ物件」も増えています。

ゼロゼロ物件については、以下の記事でも詳しく解説しているので参考にしてください。

ゼロゼロ物件

仲介手数料 | 物件の成約時に手数料として不動産屋に支払い

仲介手数料は物件の契約が成立した際に、手数料として不動産屋に支払う費用です。お部屋探しには、不動産屋の仲介が欠かせないため、半自動的に発生する初期費用と考えてよいでしょう。

家賃の1ヶ月分+消費税が相場ですが、業者によっては相場より安くなる場合があります。

日割り家賃 | 入居した月の日数に応じて家賃が発生

日割り家賃は入居した月の家賃を、入居する日数に応じて支払う費用です。日割り家賃は以下の計算式で算出します。

  • 日割り家賃=家賃(管理費込み)÷入居する月の日数×入居した日数

管理費込みで家賃6万円の物件に15日(1ヶ月は30日)に入居した場合は、6万÷30日×15=3万円が日割り家賃の額です。

月の後半に入居すれば、そのぶん日割り家賃も減額されます。

前家賃 | 入居する翌月の家賃を前払い

前家賃は、入居した月の翌月分の家賃を契約時に前もって支払うものです。家賃を口座引き落としなどで支払う場合でも、手続きが間に合わなければ、翌月分の家賃を前家賃として契約時に負担します。

必ず発生する費用ではなく、月のはじめに入居する際には不要になることもあります。例えば、3月分の家賃を支払うための手続きを3月15日に行い、口座からの引き落としを25日に行う物件Xがあるとしましょう。

物件Xに3月20日に入居する場合は、既に家賃の引き落とし手続きに間に合わないため、4月分の前家賃が発生します。

一方、3月10日に物件Xに入居する場合は、家賃の引き落とし手続き日である15日に間に合うため、前家賃が不要です。

前家賃は入居日によっては発生しないことがあります。

火災保険料 | 任意で保険会社を選択できるケースあり

賃貸物件に入居する際には、原則として火災保険に加入することが義務付けられています。火災保険は、火災だけでなく落雷や水害などによる損害も補填してくれるため、必ず加入しておきましょう。

火災保険は2年間有効というプランが多く、物件の契約時に保険料である約1~2万円を支払うのが相場です。物件によっては、あらかじめ保険会社やプランが指定されていますが、任意の火災保険に加入できる場合もあります。

火災保険の会社やプランが任意に選べる場合、選択によっては費用を安く抑えることができます。

保証料 | 物件によっては連帯保証人で代用可能

保証料は、物件と提携している保証会社に支払う費用です。保証会社は、入居者が家賃を滞納するなどした際に、入居者の未納分を一時的に立て替え払いします。

保証料は物件の契約時に支払うことが多く、金額が固定されている場合と家賃に対する比率で設定されている場合に大きく分かれます。

保証料は掛け捨てであり、家賃の滞納がない場合でも返金されません。

物件によっては連帯保証人がいれば保証会社は不要になりますが、近年では指定する保証会社に保証料を支払うことを必須とするケースも増えています。

消毒代 | 入居前の消毒や害虫駆除にかかる費用

消毒代は、入居前の消毒散布サービスに対して支払う費用です。消毒と聞くとお部屋がきれいになるイメージがありますが、主に害虫駆除の目的で行われるものです。

相場は約1~2万円で、オプションとして取り入れられている物件もあります。

特にこだわりがなければ、オプションを削除することで初期費用を節約することもできます。

24時間サポート代 | 入居後の住居関連のトラブルに対応

24時間サポート代は、入居後の住居に関するトラブルをサポートするサービスに支払う費用です。24時間サポートでは、鍵の紛失や水回りのトラブルなどに対応します。

物件の契約時に相場である1.5~2万円を支払うほか、毎月1,000~1,500円程度を家賃と一緒に払うケースもあります。

オプションに設定されている場合は、取り外すことで費用を節減できます。

鍵の交換代 | 入居者側が負担する物件も多数

鍵の交換代は、本来的には貸主である大家さんが負担するのが望ましいのですが、入居者側が負担する場合も多くあります。

鍵の種類によっても異なりますが、1~2万円が相場です。ディンプルキーなど複雑な形状だと価格も高くなるので、オートロックマンションなどに入居したい方は要注意です。

鍵の交換を希望しなければ費用が発生しないので、防犯上のリスクを許容できる方であれば、初期費用を節減できる費目といえます。

引っ越し代も初期費用に該当 | 引っ越しの時期・距離・荷物量で相場が変動

引っ越し代も、一人暮らしを始めるにあたって欠かせない費用です。物件を契約する際の費用とは別に確保しておきましょう。

引っ越し代は、引っ越しをする「時期」「距離」「荷物の量」によって異なります。

初めての一人暮らしでは「荷物の量」は比較的少ないと考えられるため、主に「時期」と「距離」が価格に影響します。

引っ越しの時期は、多くの方が引っ越しをする繁忙期(3~4月)と、引っ越し自体が少ない閑散期(5~2月)に分かれます。

また、引っ越し先の距離によっても価格が変動します。

仮に、東京都内の物件に入居する場合の各地からの「距離」と引っ越しをする「時期」との価格は以下のようになります。

出発地の例出発地からの距離繁忙期の価格(平均)閑散期の価格(平均)
横浜~50km未満約4万円~5万円約3万5,800円~4万2,000円
静岡~200km未満約5万円~6万円約4万5,000円~5万円
京都~500km未満約5万1,000円~7万5,000円約5万1,000円~6万5,000円
広島500km以上約5万9,000円~8万1,000円約5万5,000円~7万円

※安値は荷物(小)、高値は荷物(大)の価格を表示

参照:価格.com

初めての一人暮らしでそろえておきたいアイテム一式の費用の相場

初めての一人暮らしでは、生活に必要な家具や家電を新たに購入することも少なくありません。

ここでは、生活を送るうえで必要となる家具や家電などの相場をご紹介します。

生活に必要なものを新調される方は、あらかじめ予算のなかに組み入れておきましょう。

家電編 | 費用の相場は約10万円

個人のライフスタイルによっても異なりますが、一般的な家庭で使用する家電をそろえるための費用の目安は約10万円です。

家電ごとの価格の相場は以下の通りです。

品目目安となる費用
テレビ2万円~
冷蔵庫2万円~
洗濯機2万円~
掃除機1万円~
電子レンジ1万円~
炊飯器1万円~
照明器具5,000円~
ドライヤー3,000円~
アイロン3,000円~

冷暖房は多くの物件で設置されていますが、極端に家賃が安い物件には備えられていないこともあります。

家具編 | 費用の相場は約5万円

家具も生活を送るうえでは欠かせないものです。ある程度のものをそろえるためには、5万円ほどを見込んでおきましょう。

品目ごとの費用の目安は以下の通りです。

品目目安となる費用
ベッドまたは布団一式3万円~
カーテン5,000円~
テーブル5,000円~
椅子5,000円~
収納ケース5,000円~
テレビ台5,000円~

生活用品編 | 費用の相場は約1万円

一人暮らしを始める際に、こまごまとした生活用品も買い足していくことになるでしょう。ある程度のものをそろえるには、およそ1万円を見込んでおきましょう。

品目ごとの目安は以下の通りです。

品目目安となる費用
調理器具一式(フライパン・鍋・まな板・包丁など)5,000円~
食器類2,000円~
キッチン用品1,000円~
浴室用品1,000円~
掃除用品1,000円~

一人暮らしの生活費の目安 | 初期費用に計上しておくと安心

総務省の統計では、34歳以下の男女の一人暮らしの費用は平均でひと月約9~10万円となっています。(2020年集計)

項目別の支出額の平均は以下のようになります。

項目平均額
食費3万5,563円
光熱・水道費7,648円
保険・医療費3,222円
通信費8,666円
交際費6,406円
交通費※1万823円
娯楽費1万8,355円
合計9万683円

※2020年においては、新型コロナウイルス感染症による影響で顕著に交通費が下がったと推測されるため、2019年のデータを引用

出典:e-stat(統計で見る日本)

一般的に、家賃は収入の3分の1程度を上限に設定しておくとよいといわれます。家賃の支払いで生活費に支障が出ないように、収入に見あった価格帯を決めておくとよいでしょう。

また、入居後は転居の手続きなどで何かと慌ただしくなりがちです。当面の生活費も用意しておけば、入居後の資金繰りにも備えることができます。

女性の一人暮らしでも安心 | オートロックマンションは相場よりも家賃が割高

一人暮らしを始めるにあたって、特に女性は物件のセキュリティ面が気になる方も多いのではないでしょうか。

オートロックマンションであれば、通常の物件よりもセキュリティ性が高いので、女性も安心して入居できるでしょう。

オートロックマンションでは、不要な新聞の勧誘や訪問販売なども遮断しやすいというメリットがあります。

ただし、オートロックマンションは相場よりも家賃が2~3万円ほど割高に設定されている物件も多いです。

予算面で不安がある方は、女性限定の物件を探すのもおすすめです。プライベートな空間で異性の目を気にしなくてよいため、心理的な負担を軽減できるでしょう。

「RoomPa(ルムパ)」であれば、管理会社との交渉で格安の初期費用を実現できるため、割高なオートロックマンションにも入居しやすくなります。

一人暮らしの初期費用を節減して、安心して住める物件に入居したい女性にもおすすめの賃貸サービスです。

一人暮らしの初期費用が少なくするには| 一人暮らしの初期費用の最低額の目安

一人暮らしを始めたいものの、費用を充分に確保できているか不安な方もいらっしゃるでしょう。

ここでは、学生と社会人別に一人暮らしに必要な最低額の目安やお部屋を探す際のポイントについてご紹介します。

学生の一人暮らしでの初期費用の最低額 | 30万程度が目安

学生が一人暮らしを始めるタイミングは、4月からの入学に備えるために2~3月ごろに集中しがちです。

不動産業界・引っ越しの繁忙期であり、割高な価格設定のもとでお部屋探しを行うケースも多いでしょう。

対策としては、敷金・礼金が0円の物件を探したり、仲介手数料が安い不動産屋でお部屋探しを行うことが有効です。

学生限定の物件である学生会館や学生寮に入居すれば、相場よりも家賃を抑えられるほか、家具や家電が不要になる物件も多くあります。

なお、学生のお部屋探しについては、以下の記事でも詳しくご説明しています。

学生 一人暮らし 費用

家賃が4~5万円ほどの物件であれば、条件によっては20万円以下で契約が可能です。引っ越し代が割高であっても、30万円あればカバーできるでしょう。

「RoomPa」では、担当スタッフが管理会社との交渉で格安の初期費用を実現するため、相場よりも有利な条件で契約できる可能性が高まります。

社会人の一人暮らしでの初期費用の最低額 | 30万程度が目安

社会人のお部屋探しは、一人暮らしを始める時期や状況で事情が異なります。

新社会人の場合、基本的には4月入社にあわせてお部屋探しをするため、学生と似通った状態になります。

まだ経済的にも余裕のないことも多いため、学生と同様、敷金・礼金が0円の物件などを優先して探しましょう。

異動によってお部屋探しをする場合、繁忙期でなければ交渉次第で初期費用を節減できることがあります。

不動産屋と交渉を行う際には、仲介手数料や礼金・日割り家賃などに焦点を当てると効果的です。

初期費用の交渉については、以下の記事でも詳しく解説しています。

賃貸 初期 費用 交渉

時期や条件にもよりますが、30万円ほどでお部屋探しや引っ越しは可能です。

社会人になってある程度の期間の方であれば、経済的にも比較的に余裕があり、家賃が8万円以上の物件も視野に入ってくるでしょう。

「RoomPa」は格安の初期費用を実現できるので、いずれの状況でも社会人にとっておすすめの賃貸サービスです。23時までLINEで相談可能なため、忙しい方でもじっくりとお部屋探しに取り組めます。管理会社やオーナーとの初期費用の交渉をスタッフが行ってくれるので、手間がかからないのが特徴です。

一人暮らしの初期費用を安くするためのコツ5選

一人暮らしを始めるにあたって、初期費用はなるべく安く抑えておきたいものです。物件の契約にかかる費用を節減できれば、引っ越しや家具・家電などを購入する費用にも充てられます。

ここでは、初期費用を節減するためのコツを以下の5つご紹介します。

  • 家賃の安い物件を選ぶ
  • 敷金・礼金のかからない物件を探す
  • 仲介手数料の安い不動産屋を選ぶ
  • フリーレントの物件を探す
  • 火災保険料を見直す

順にご説明します。

家賃の安い物件を選ぶ

初期費用を手っ取り早く節減するためには、家賃の安い物件を選ぶことが効果的です。敷金・礼金・仲介手数料は家賃の○ヶ月分という料金設定なため、家賃を下げることでこれらの費用も同時に節減できます。

なお、家賃は収入の3分の1を上限にしておくことをおすすめします。家賃が高すぎると、月々の生活費を圧迫してしまい経済的・心理的に大きな負担になりかねません。

敷金・礼金のかからない物件を探す

敷金・礼金が0円の物件を探すことでも初期費用を節減できます。例えば家賃が7万円の物件で、敷金・礼金が2ヶ月分の物件と0円の物件とでは28万円もの差額が生じます。

近年では敷金・礼金が0円の物件も多く出回っており、「SUUMO」などの賃貸サイトでも条件に設定して検索が可能です。

ただし、敷金が0円の物件では、退去時にクリーニング代などを請求されることがあるので注意しましょう。

「RoomPa(ルムパ)」では、敷金・礼金が0円の物件(ゼロゼロ物件)の取り扱いが豊富です。また、専門のエージェントが管理会社と交渉を行うことで格安の初期費用を実現します。

なお、敷金・礼金が0円の物件(ゼロゼロ物件)については、以下の記事でも詳しく解説しています。

ゼロゼロ物件(内部リンク)

仲介手数料の安い不動産屋を選ぶ

仲介手数料は家賃の1ヶ月分が相場ですが、なかには仲介手数料を安くしている不動産屋もあります。

実は、仲介手数料は入居者側と大家さん側の双方が支払っています。不動産屋としては、入居者側の仲介手数料が減っても利益が確保できるため、仲介手数料を割安にする場合があるのです。

「RoomPa」は仲介手数料を含めた初期費用を安く抑えることのできる賃貸サービスです。一般的な不動産会社よりも仲介手数料が安い上、担当スタッフが火災保険料・保証料などについても値引き交渉を行います。初期費用が安くなるため、家賃の安い物件でさらに費用を節減することも、高い家賃の物件に割安で入居することも可能です。

フリーレントの物件を探す

フリーレントの物件では、一定期間において家賃が発生しません。フリーレントの期間はおよそ1~3ヶ月が相場であり、前家賃が0円になることも見込めます。

フリーレント物件は、敷金を支払わないことによるデメリットが気になる方にもおすすめです。

賃貸サイトでもフリーレント物件を検索条件に設定できます。

「RoomPa(ルムパ)」では、フリーレント物件の取り扱いが豊富です。また、専門のエージェントが管理会社と交渉を行うことで格安の初期費用を実現します。

なお、フリーレント物件については、以下の記事でも詳しく解説しています。

「フリーレント」(内部リンク)

火災保険料を見直す

物件によっては、火災保険に任意に加入できるケースがあります。火災保険料が安い保険会社やプランを選択することで初期費用を節減できます。

ただし、任意加入であっても「補償額が○万円以上」と条件が指定されていることがあるので要注意です。物件によっては、管理会社が指定した保険会社やプランに加入することが義務付けられていることもあるので注意しましょう。

「RoomPa」では、火災保険料や保証料を見直し、担当者が管理会社と交渉を行うことで費用を節減します。

火災保険の保証内容は変えずに最安値のプランに切り替えた実例もあります。

RoomPa(ルムパ)は初期費用を安く抑えたい方にぴったりの賃貸サービス

「RoomPa」は格安の初期費用を実現できる賃貸サービスです。

仲介手数料を値引きするほか、保証料や火災保険料なども見直しを行います。

鍵の交換を必要としないお客様についても、交渉により費用を削除または節減することが可能です。

初期費用を安く抑えることに長けたサービスで、節減した費用を引っ越し代や家具・家電の購入代に充てることもできます。

23時まで問い合わせ可能で、やり取りはLINEで行うため、忙しい方でもじっくりとお部屋探しに取り組めます。

関東全域・大阪・京都・兵庫の物件情報に対応しており、首都圏や関西の都市圏で一人暮らしを始めたい方にぴったりのサービスです。

また、すでに気になる物件のある方は気に入った物件のURL、もしくは物件の見積書をLINE相談窓口で送信するだけで、その物件の初期費用を見直してくれ、業界最安値の初期費用を実現できます。

キャンペーンコード:T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

  • 家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件
  • AD(広告料)150%未満の物件
  • 他のクーポンとの併用

RoomPaで初期費用を節減してお得に新生活をスタート

一人暮らしの初期費用は、物件の契約にかかる費用を家賃の5倍ほど想定し、引っ越しや家具・家電の購入代も予算にふくめておくことが重要です。

引っ越し代は時期や距離によって料金が異なりますが、繁忙期であれば約5~10万円が相場です。

家具・家電をひと通りそろえるには、約15万円を用意しておくことをおすすめします。

女性の一人暮らしでは、オートロックマンションがセキュリティ面で安心なほか、女性限定の物件もあります。

敷金や礼金が0円の物件やフリーレント物件などをうまく活用すれば、繁忙期のお部屋探しであっても費用を30万円以下に抑えることも可能です。

RoomPaは、既に気になる物件があるけど見積もりの「初期費用が高い」と感じている方、これから部屋探しをはじめられる方、どちらの方にもおすすめの賃貸サービスです。

専門エージェントの交渉により、初期費用が業界最安値に!

キャンペーンコード:T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

  • 家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件
  • AD(広告料)150%未満の物件
  • 他のクーポンとの併用

ぜひ「RoomPa」で格安の初期費用を実現し、新生活をお得に始めましょう。