間取り

2DKの間取りで一人暮らしって贅沢なの?2DKの間取りの特徴などもご紹介

公開日:

「2DKの間取りでひとり暮らしをするのは贅沢なのかな?」「なるべく安くて広い物件に住みたい」一人暮らし用の物件を探す際、どんな物件がちょうどいいのか悩みますよね。

そんな悩みを解決するために今回は2DKの間取りの特徴やメリット・デメリット、自分に合う物件を見つける方法をご紹介していきます。

結論、2DKは家賃を安く抑えつつ広い物件に住みたい人におすすめで、物件契約も安く済ませたいならRoomPa(ルムパ)がおすすめです!

RoomPa(ルムパ)なら初期費用を安くできるとに加え物件選びから契約までをオンライン完結できるので、初めての一人暮らしでも効率よくかつ節約しながら契約できます。

また、この記事を読んだ方限定で物件を契約すると5万円キャッシュバックするキャンペーンを実施中です。

スマホで30秒あれば登録できますので、今すぐにお得なキャッシュバックキャンペーンに参加することをおすすめします。

 キャンペーンコード: T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件

AD(広告料)150%未満の物件

他のクーポンとの併用

この記事を読むことによって2DKの特徴や自分が2DKに向いているのかが分かるので、ぜひ物件探しの参考にしてみてくださいね!

2DKはどんな間取り?

2DKはダイニング・キッチンと部屋が2つある間取りのことです。

1980年代に主流の間取りとして多く建てられたため、設備や室内デザインが古いですが、それぞれの部屋が仕切られている分生活にメリハリをつけやすいのが特徴です。

2DKの相場

家賃相場は地域によって大きく変わり都内近郊だと7〜10万円、大阪を中心とした関西であれば5〜7万円が相場となっています。

関東は都心に近づけば近づくほど家賃も高くなるので、自身の生活スタイルを考慮し十分生活環境が整っている地域を探すことによって無駄な家賃の値上がりを防げるでしょう。

2Kとの違い

2DKと2Kの違いはキッチンスペースの広さです。

2DKはキッチンスペースが6〜10畳未満なのに対し、2Kは4.5畳未満しかありません。そのため感覚的には部屋が一つ減っているので、食事をするスペースを確保する必要があります。また2Kの場合、キッチンそのものも狭くなるので料理もしにくくなります。

2LDKとの違い

2DKと2LDKの違いもキッチンスペースの広さの違いで2DKはキッチンスペースが6〜10畳未満なのに対し、2LDKはLDK部分が10畳以上なのでかなり広い作りになっています。

ただ2LDKの場合,最近建てられた物件が多く、ダイニング・キッチンに加えてリビング部分のスペースも考慮して設計されているので、家賃相場も2DKより2、3万円ほど高くなっています。

2DKの間取りに一人で暮らすメリット・デメリットってなに?

ここまで2DKの特徴や他の間取りとの違いについて解説してきましたが、実際に何がメリットでどんな人に向いているか分からない方も多いですよね。

ここからは2DKの間取りに一人で暮らすメリット・デメリットを解説していきます。

メリット

  • 広くて安い物件が多い

先ほどもお伝えしましたが2DKの間取りはひと昔前に流行し、ほとんどが当時に建てられた物件なので、間取りが広くても年数的にも古いので家賃が安めの設定になっています。そのため、設備的やデザイン面で特にこだわりがない方にはかなりおすすめの間取りです。

  • 収納しやすい

部屋数が多く収納部分も押入れなどが多いので、ひとり暮らしをするには十分の収納スペースがあります。そのため趣味で荷物が多い方や生活スペースに物をあまり起きたくない方におすすめでしょう。

  • 人を呼びやすい

2DKは広いことに加えそれぞれの部屋が壁や扉でしっかりと仕切られているため、見られたくないプライベートな部分を隠せるので友人などを安心して招けます。

デメリット

続いてデメリットについて解説していきます。

  • 光熱費が高くなりやすい

部屋が仕切られている分エアコンなどを追加で設置する必要があり、また照明も分けて使用するので部屋同士が繋がっている間取りに比べて光熱費が上がってしまう可能性があります。

  • 古い物件が多い

2DKには古い物件が多く、部屋がフローリングではなく畳になっていたりデザインが古く感じたりと人によっては設備面に不満が出る可能性があります。とにかく安くて広ければいいという方にはぴったりですが、設備とデザイン性も重視したいという方は2LDKの方が快適に暮らせるでしょう。

  • 掃除が大変

2DKの部屋を一人で管理する必要があるので掃除をするのが大変です。また一つ一つの部屋のスペースが広く、こまめな掃除が必要になってくるので、掃除が苦手な方は工夫が必要になってきます。

物件探しに迷ったらRoomPa(ルムパ)を使ってみよう!

気になる2DKの物件はあるけど下見をする時間がなかったり初期費用が原因で契約を躊躇しているなら、RoomPa(ルムパ)を利用してみるといいですよ!

つづいてRoomPa(ルムパ)のサービスをご紹介していきます。

RoomPa(ルムパ)ってどんなサービス?

RoomPa(ルムパ)は株式会社Amufiが展開しているオンライン完結型の不動産仲介サービスです。

2021年3月にサービスを開始し、サービスリリースわずか7か月で、累計ご利用者数6,000名以上。そしてTikTokやInstagramでも業界有数のフォロワー数を獲得しており、若い世代を中心に多くの方からの支持を得ています。

お部屋探しから契約まで全てオンラインで対応できることはもちろんのこと、23時までならLINEを使用して物件情報について相談できるので、一人で物件探しをしている方でもお手軽に物件探しができます。

さらに、RoomPaを利用すれば、専門スタッフが物件オーナーとの初期費用の交渉を行ってくれたり仲介手数料など物件探しにかかる費用を格段に安く抑えてくれたりするため、他社よりも必要な費用が10〜20万円ほど安くなる場合があります!また、すでに気になる物件が見つかっている場合は、物件のURLや見積もり書などをご提示していただくことにより初期費用を見直してもらえます。

相談は無料なので、効率よく、かつ可能な限り安く費用を抑えたい方はぜひ1度利用してみてください。

こちらの記事でルムパのサービスを実際に利用した体験談がまとめられているので、気になる方は読んでみてください!

参考

オンライン内見をやってみた!今話題のサービスRoomPa(ルムパ)を体験!ATTO!|不動産情報メディア

また、この記事を読んだ方限定で物件を契約すると5万円キャッシュバックするキャンペーンを実施中です。

スマホで30秒あれば登録できますので、今すぐにお得なキャッシュバックキャンペーンに参加することをおすすめします。

▼契約時に5万円キャッシュバック!初期費用がお得になるキャンペーンはこちら▼

 【今すぐRoomPaでお部屋探し】

 キャンペーンコード: T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件

AD(広告料)150%未満の物件

他のクーポンとの併用

まとめ

  • 2DKとは2ダイニング・キッチンと部屋が2つある間取りのこと
  • 2DKは家賃を安く抑えつつ広い物件に住みたい人におすすめ
  • 物件契約も安く済ませたいならRoomPa(ルムパ)がおすすめ

2DKはデザイン性などにこだわりがなければ十分快適に住める間取りとなっていて、一人暮らしにもぴったりな造りになっています。

もし今2DKで気になっている物件があるのであれば、ぜひRoomPa(ルムパ)で一度相談してみてくださいね!