間取り

6畳の部屋で一人暮らしってどう?6畳の広さやメリット・デメリットも解説

公開日:

「6畳でも一人暮らしには狭いのかな」「同じ広さなら少しでも安く引っ越したい」と考えている方へ。一人暮らしでも広さが6畳だけだとスペースが足りるか心配になりますよね。

この記事では一人で6畳の部屋に住んだ場合のメリットやデメリット、気になる物件に安く引っ越すための方法を解説していきます。

結論、開放感などの快適性や収納などの機能性にこだわりがなければ6畳でも十分に生活することができ、気になっている6畳の物件があるならRoomPa(ルムパで契約するのがおすすめです。

RoomPa(ルムパ)なら初期費用を安くできることに加え物件選びから契約までをオンライン完結できるので、一人で物件を探している方でも効率よくかつ節約しながら契約できます。

また、この記事を読んだ方限定で物件を契約すると5万円キャッシュバックするキャンペーンを実施中です。

スマホで30秒あれば登録できますので、今すぐにお得なキャッシュバックキャンペーンに参加することをおすすめします。

 キャンペーンコード: T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件

AD(広告料)150%未満の物件

他のクーポンとの併用

この記事を読むことによって6畳の特徴や自分が6畳の広さでも暮らしていけるかの判断がしやすくなるのでぜひ参考にしてみてくださいね。

またこちら記事で一人暮らしにおすすめの間取りを解説しているので、よければ一緒にチェックしてみてください!

参考

一人暮らしの部屋選びでおすすめの間取りは4タイプ!メリット・デメリットもご紹介!ATTO!|不動産情報メディア

6畳ってどのくらいの広さ?

基本的に6畳とは畳6枚分の広さのことですが、畳には中京間や京間などいくつか種類があるため一口に6畳といっても実は物件の広さが違います。

なお、消費者庁によると不動産の表示に関する公正施行規約及び施行規則では以下のように定められています。

住宅の居室等の広さを畳数で表示する場合に おいては、畳1枚当たりの広さは1.62平方メー トル(各室の壁心面積を畳数で除した数値)以 上の広さがあるという意味で用いること。

引用元:公正施行規約及び施行規則

迷った際は一番に上記の規約を参考にするのがいいですが、物件によっては畳一枚分の長さを細く決めいていない物件もあるので、契約候補に入れている物件であれば図面で確認するよりも内見に行って実際に確認した方がいいでしょう。

間取りによって広さが変わる

6畳でも間取りによって部屋全体の広さが変わってきます。

例えば「1Kの6畳」であれば「キッチンスペース+6畳の居間」になるので6畳分のスペースをしっかりと確保できますが、「ワンルームの6畳」になると「キッチンスペースも含めて6畳」になるので、居間として使用するスペースが1Kより限られてきます。

そのため6畳だけに注目するのではなく、どのタイプの間取りになっているのか確認することも重要になってきます。

6畳の部屋で暮らすメリット・デメリット

続いて6畳の部屋で暮らすメリット・デメリットを解説していきます。

メリット・デメリットを知ればあなたに6畳の部屋が向いているのかどうなのかも分かるので、ぜひ参考にしてみてください!

メリット

  • 家賃が安い

6畳は物件の中でも狭い部類に入り、賃貸は部屋が狭くなればなるほど家賃も下がっていきます。そのため、初めての一人暮らしやなるべく固定費を抑えたい方におすすめの広さでしょう。

  • 掃除がしやすい

単純に部屋が狭いので掃除がしやすいです。そのため掃除が苦手な方や家事に時間を取られたくない方には嬉しいポイントではないでしょうか。

  • 光熱費を安く抑えられる

部屋がいくつもあったりひと部屋が広かったりするとエアコンの稼働効率が悪く、場合によっては無駄な光熱費を支払うことになります。しかし、ワンルーム6畳ほどの広さだとエアコンや照明は少量の稼働でも十分なので、光熱費が安く抑えられます。

デメリット

  • 収納スペースが少ない

6畳ほどの広さであれば室内に設けられている収納スペースが一つだけの物件が多いです。そのため、趣味などで荷物を多く置きたい方やなるべく物を散らけたくない方には収納力が足りないでしょう。

  • 友人を招きにくい

部屋が狭くまたプライバシー的なスペースも見えやすいため、友人を呼びにくいです。

スペースを空けるためになるべく物を置かないようにしたり見られたくない部分は仕切りなどをしたりするなどして工夫する必要があります。

  • 圧迫感がある

狭めな部屋にベッドや棚などの家具を置くので圧迫感を得てしまう可能性があります。

人によっては狭い方が落ち着くという方もいますが、もし窮屈な空間が苦手なのであれば引っ越ししてからストレスを感じてしまう可能性もあるので、よく検討するようにしましょう。

6畳の物件に安く引っ越すには?

ここまで6畳の部屋の特徴などについて解説してきましたが、この記事を読んでいる方の中には、すでに6畳の広さの物件で契約を考えている方もいますよね。

しかし6畳で毎月の家賃が安いとはいえ、初期費用となると金銭的な負担は大きくなります。

もし気になる物件があるけど初期費用が高くて悩んでいるという方はRoomPa(ルムパ)のサービスを利用してみるといいでしょう。

ここからはRoomPa(ルムパ)のサービスについて解説していくので、初期費用を安く抑えたい方はぜひ最後まで読んでみてくださいね!!

RoomPa(ルムパ)とは?

RoomPa(ルムパ)は株式会社Amufiが展開しているオンライン完結型の不動産仲介サービスです。

2021年3月にサービスを開始し、サービスリリースわずか7か月で、累計ご利用者数6,000名以上。そしてTikTokやInstagramでも業界有数のフォロワー数を獲得しており、若い世代を中心に多くの方からの支持を得ています。

お部屋探しから契約まで全てオンラインで対応できることはもちろんのこと、23時までならLINEを使用して物件情報について相談できるので、一人で物件探しをしている方でもお手軽に物件探しができます。

さらに、RoomPaを利用すれば、専門スタッフが物件オーナーとの初期費用の交渉を行ってくれたり仲介手数料など物件探しにかかる費用を格段に安く抑えてくれたりするため、他社よりも必要な費用が10〜20万円ほど安くなる場合があります!また、すでに気になる物件が見つかっている場合は、物件のURLや見積もり書などをご提示していただくことにより初期費用を見直してもらえます。

相談は無料なので、効率よく、かつ可能な限り安く費用を抑えたい方はぜひ1度利用してみてください。

こちらの記事でルムパのサービスを実際に利用した体験談がまとめられているので、気になる方は読んでみてください!

参考

オンライン内見をやってみた!今話題のサービスRoomPa(ルムパ)を体験!ATTO!|不動産情報メディア

また、この記事を読んだ方限定で物件を契約すると5万円キャッシュバックするキャンペーンを実施中です。

スマホで30秒あれば登録できますので、今すぐにお得なキャッシュバックキャンペーンに参加することをおすすめします。

 キャンペーンコード: T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件

AD(広告料)150%未満の物件

他のクーポンとの併用

まとめ

6畳でも物件によって広さが違うため内見でしっかり確認する必要がある

6畳に向いている人は家賃を安く抑えたい人や掃除などの手間を省きたい人

気になる物件に安く引っ越すにはRoomPa(ルムパ)がおすすめ

今回は6畳の部屋に一人暮らしをする場合の特徴やメリット・デメリットを解説しました。

もし既に気になる物件を見つけている方はRoomPa(ルムパ)のスタッフが安く引っ越せるようにサポートしてくれるので、一度相談してみましょう!