賃貸サイト

【2021年度版】賃貸サイトのおすすめランキング人気の11サイトを徹底比較

公開日:

最終更新日:

いまや、インターネットでのお部屋探しは当たり前のことになってきました。

不動産屋もインターネットでのお部屋探しには力を入れており、多くの企業が専用のサイトを作成し、独自のサービスを展開しています。

その一方で「どのサイトを選べばいいかわからない…」「おすすめの賃貸サイトが知りたい」といった悩みもあるのではないでしょうか。

今回は、信頼できる不動産会社および賃貸サイトを11サイトに厳選してご紹介します。お部屋探しの際に重視したい目的別にランキング形式にまとめました。

※なお、サービスリリース僅か7ヶ月で累計6,000名以上のオンライン内見をサポートしてきたRoomPa(ルムパ)が、この記事を読んだ方限定で物件を契約すると5万円OFFとなるキャンペーンを実施中です。

スマホで30秒あれば登録できますので、今すぐにお得なキャンペーンに参加することをおすすめします。

キャンペーンコード:T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

  • 家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件
  • AD(広告料)150%未満の物件
  • 他のクーポンとの併用

賃貸サイトのタイプの見分け方やメリット・デメリットなどもあわせて解説していきます。ぜひ最後まで読んで、あなたにぴったりの賃貸サイトを見つけてください。

目次

まずは知っておきたい賃貸サイト4つのタイプ

インターネット上では多くの賃貸サイトが展開されていますが、各サイトは大きく分けて以下の4タイプに分類できます。

  • ポータルサイト型
  • 自社型
  • まとめ検索型
  • オンライン仲介特化サイト型

各サービスごとに特徴やメリット・デメリットがあります。賃貸サイトを比較する際にも役立つので、それぞれのタイプの違いをしっかりと押さえておきましょう。

ポータルサイト型 | 掲載されている物件数が豊富で検索機能が充実

ポータルサイトとは、さまざまなサイトをまとめており、その入り口の役割を担っているサイトのことです。

インターネット上に掲載されている物件情報をまとめたサイトのことで、代表的なものとして「SUUMO」や「HOME’S」などが挙げられます。

ポータルサイト型のメリット

ポータルサイト型の賃貸サイトは不動産屋の物件情報をまとめて紹介しているため、掲載されている物件数が非常に多いのが特徴です。特に「SUUMO」や「HOME’S」などは全国の物件情報を紹介しており、国内のあらゆる地域の情報を検索できます。

多数の物件情報を効率よく閲覧できるように検索システムがあり、物件を探しやすいのも魅力です。

条件を指定して検索できるサイトが多く、目的や希望に合わせた物件をスピーディーに表示できるので、快適なお部屋探しが可能でしょう。

ポータルサイト型のデメリット

物件情報の豊富さが魅力のポータルサイト型の賃貸サイトですが、なかには「おとり物件」が掲載されている場合もあるので要注意です。

おとり物件とは、既に契約済みの物件を掲載することで、問い合わせを狙うものです。おとり物件は好条件のものも多いため、誤って悪意のある不動産屋に誘導されてしまうこともあります。近年は、賃貸サイト側も厳正な対応を求めていますが、おとり物件が掲載されていることを覚えておきましょう。

また、成約済みの物件が、システムのタイムラグなどにより掲載されてしまっている点も頭に入れておいてください。

自社型 | 独自の情報網を展開しており物件情報が新鮮

自社型の賃貸サイトとは、その名の通り、不動産屋が自社でサイトを作成・運営しているものです。掲載されている物件数は、不動産屋の規模によって異なります。

特に、「エイブル」や「アパマンショップ」などの全国展開している賃貸サイトでは、掲載されているエリアも広くなり物件数も多くなるのが特徴です。

自社型のメリット

自社型のメリットとしては、不動産屋がしっかりと物件情報を把握しているので、おとり物件などを掲載していることがありません。

不動産屋が独自のネットワークを築いて大家と提携しているため、情報の信頼性が高いのが特徴です。

また、不動産屋が直接的にサイトを運営していることから、最新の情報が得やすいのもメリットといえるでしょう。

自社型のデメリット

自社型の賃貸サイトでは、運営元の不動産屋が扱っている物件のみを掲載するため、ポータルサイト型と比較すると物件数が少なくなります。

また、大量の物件情報を効率よく検索できるポータルサイト型よりは、検索システムに使いづらさを感じる方もいます。

不動産屋の規模やシステムによっては、物件数が少なく検索しづらいという、あまり利便性の高くないサイトになっている可能性もあります。

まとめ検索型 | 物件が検索しやすく魅力的なキャンペーンが特徴

まとめ検索型とは、二次掲載といって、「SUUMO」などポータルサイト型に掲載されている物件情報を自社サイトで改めて掲載するものです。

IT系の企業が参入しているケースも多く、近年では活発に展開されています。サイトの数自体も多く、独自のサービスを展開しているのが特徴です。

まとめ検索型のメリット

まとめ検索型のサイトはIT系の企業が運営しているものが多く、IT企業ならではの物件情報の豊富さや検索のしやすさが注目を集めています。

また、IT企業の強みを活かしたサービスを展開しているのも大きな特徴です。キャンペーンを開催しているサイトも多く、「成約時に1万円キャッシュバック」などは、お客様にもメリットが感じられやすいでしょう。

まとめ検索型のデメリット

まとめ検索型も、ポータルサイト型と同様におとり物件が掲載されている可能性があるので注意が必要です。

また、キャンペーンの種類が豊富なのは魅力ですが、期間や条件によっては特典が受け取れないことがあります。キャンペーンを利用する際には、適用のための条件を事前によく確認するようにしてください。

オンライン仲介特化型 | オンライン完結に特化したお部屋探しを実現

オンライン仲介特化型とは、問い合わせから契約までをオンラインで完結できる賃貸サービスです。店舗への来店が不要で、LINEなどのチャットツールで気軽に問い合わせが可能なサービスが多いのが特徴です。

数自体はそこまで多くはないのですが、サービスの斬新さで注目度は高まっています。非対面型のサービスであり、コロナ禍でも安心して利用できる点が見逃せません。

オンライン仲介特化型のメリット

オンライン仲介特化型では、条件を伝えるだけで、あなたの希望に見あった物件を提案してくれるサービスが多くあります。お部屋探しが面倒な方や、お部屋探しに充分な時間が確保できない方にもぴったりです。

問い合わせから契約に至るまでオンラインで完結できるため、店舗を訪れる必要がありません。

LINEなどのチャットツールによる問い合わせに深夜まで対応しているサイトも多いため、忙しい方や遠方の物件をお探しの方にも適しています。

オンライン仲介特化型のデメリット

オンライン完結でお部屋探しを進められるのは便利な反面、担当者とのやり取りは実際に対面するよりも多くなってしまうかもしれません。

希望の条件が多い場合などは、レスポンスも増えてしまい、煩雑に感じてしまうかもしれません。

電話対応も受け付けているところもあるため、詳細な条件を伝える際は電話対応可能なサービスを選ぶとよいでしょう。

信頼できる賃貸サイト11選を目的別のランキング形式でご紹介【2021年最新版】

それでは実際に、数多くある賃貸サイトのなかから厳選した11社分のサイトをご紹介しましょう。各サイトの特徴については、下記の一覧表もあわせてご覧ください。

サイト名特徴掲載物件数※対応エリア初期費用の安さサイトのタイプ
RoomPaオンライン完結型で初期費用が最大20万OFFポータルサイトに掲載されていない物件の取扱いあり東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・兵庫オンライン仲介特化
SUUMO国内最大級の物件掲載数約730万件全国ポータルサイト
HOME’S充実した検索機能約480万件全国ポータルサイト
エイブル仲介手数料が半額約590万件全国自社
いい部屋ネット大東建託の物件が掲載されている要お問い合わせ全国自社
Door賃貸全員にもれなく5,000円をバック約525万件全国その他
スマイティ条件により1万円をキャッシュバック約535万件全国まとめ検索
イエプラオンライン完結約500万件東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・兵庫オンライン仲介特化
OHEYAGOおとり物件なし約5万件東京まとめ検索
goodroomおしゃれな物件が充実要お問い合わせ札幌・関東・名古屋・広島・福岡ポータルサイト
RENOSY東京都内の高級物件に特化約1万件東京23区自社

※物件掲載数およびキャンペーンは2021年7月現在のものです。

今回はご紹介する11のサイトをさらに目的別に分類しました。まずはTOP3をご覧いただき、あなたの目的に合ったサイトの記述を参考にしてみてください。

また、厳選した11のサイトのほかにも意外なサイトをピックアップしていますので、あわせてチェックしてみてはいかがでしょうか。

迷わずに使いたい賃貸サイトおすすめTOP3

最初にご紹介するのは、サイト選びに迷った場合におすすめしたい賃貸サイトのTOP3です。

いずれのサイトも、物件情報の豊富さや使いやすさが多くのお客様からの支持を得ています。

ぜひ、サイトにアクセスしていただき、そのサービスの質の高さを体感してください。

1位:RoomPa | 格安の初期費用が実現できる24時まで対応のオンライン完結型サービス

画像出典元:RoomPa

RoomPaのおすすめポイント

  • LINEでのお問い合わせを23時まで専門スタッフが個別対応
  • 物件探しのすべてをオンライン上で行える
  • 担当スタッフによる細かな交渉により初期費用が圧倒的に安い

RoomPaは株式会社Amufiが運営する、東京・神奈川・埼玉・千葉・京都・大阪・兵庫エリアに特化した賃貸サイトです。不動産業者が専用に扱うデータベースをもとに、市場に公開されていない物件情報からも紹介してもらえます。

オンラインでの物件探しを得意とする経験豊富なスタッフが個別に対応してくれるため、希望に見あう物件を効率よく探せるでしょう。

問い合わせから契約までの流れが、すべてオンラインで完結できるのも大きなメリットといえます。地方から上京する学生や社会人なども、交通費や移動時間など、お部屋探しにかかるお金や時間を大幅に節約することが可能です。

また、RoomPaでは経験と知識の豊富な担当スタッフが、初期費用の項目を一つひとつ徹底的に見直します。必要に応じて交渉までも行うことで、初期費用を業界屈指の安さに抑えることができます。

問い合わせは23時までLINEから可能です。思い立った時からお部屋探しをスタートできて、時間や交通費、さらには初期費用も削減できて非常にお得です。

業界内でも注目の賃貸サイトです。

なお、RoomPaはこの記事を読んだ方限定で物件を契約した方に、5万円OFFとなるキャンペーンを実施中です。

スマホで30秒あれば登録できますので、今すぐにキャンペーンに参加することをおすすめします。

キャンペーンコード:T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

  • 家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件
  • AD(広告料)150%未満の物件
  • 他のクーポンとの併用

SUUMO(スーモ) | 物件取扱い件数が業界トップレベル

画像出典元:SUUMO

SUUMOのおすすめポイント

  • 掲載物件数がNo1
  • 全国の物件を問い合わせ可能

SUUMOは株式会社リクルートが運営するポータルサイト型の賃貸サイトです。他サイトと比較しても圧倒的な物件情報が掲載されており、掲載件数は約670万ともいわれています。

全国の物件情報に対応しており、上京だけでなくUターンなどの際にも役立つことでしょう。検索機能も充実しており、家賃や間取りなどのほか、リノベーション・タワーマンションなど多様なニーズに対応しています。

大手企業のリクルートが運営していることから信頼性も高いといえます。賃貸サイト選びに迷ったら、まずはアクセスしてみてください。

HOME’S(ホームズ) | ユーザーフレンドリーな検索機能

画像出典元:ライフルホームズ

HOME’Sのおすすめポイント

  • オンライン内見可能な物件を条件に検索できる
  • 通学・通勤時間でも検索ができて便利

HOME’Sは株式会社LIFFUL(ライフル)が運営するポータルサイト型の賃貸サイトです。全国の物件情報を掲載しており、掲載件数は約450万件と業界内でもトップレベルを誇ります。

HOME’Sの大きな特徴として、多彩な検索機能が挙げられます。通勤・通学時間やオンライン内見への対応など、ユーザーの利便性に寄り添った検索条件を数多く搭載しています。

豊富な物件情報から検索条件を細かくカスタマイズでき、物件によってはオンラインで契約を完結させることも可能です。

費用を抑えたい方におすすめの賃貸サイト3選

次にご紹介するのは、物件を契約する際の費用をなるべく抑えたい方にぴったりの賃貸サイトです。対象となる費用は、仲介手数料や敷金・礼金など各サイトによって異なります。

あなたがどの費用を節約したいかを考えながら読み進めてみてください。

RoomPa |仲介手数料などの初期費用を最大で20万円減額できるオンラインサービス

画像出典元:RoomPa

RoomPaのおすすめポイント

  • LINEでのお問い合わせを23時まで対応
  • 物件探しのすべてをオンライン上で行える
  • オンラインでの物件探しを得意とする専門スタッフが個別対応

RoomPaでは、担当スタッフがお部屋を提案するほか、管理会社との交渉により初期費用を10~20万円ほど節減します。

初期費用の節減として仲介手数料を安くする不動産屋は多いのですが、仲介手数料以外にもさまざまな項目を安くできるのがRoomPaならではの魅力です。

安くできる賃貸契約の初期費用項目としては仲介手数料のほか、火災保険料や保証料など多岐にわたります。火災保険料や保証料などは管理会社によって指定されている場合も多く、交渉が難しい費用ですが、RoomPaではスタッフが値引き交渉をします。

幅広い費用について減額できるため、初期費用を安く抑えたい方にもぴったりのサービスです。

なお、RoomPaはこの記事を読んだ方限定で物件を契約した方に、初期費用5万円OFFとなるキャンペーンを実施中です。

スマホで30秒あれば登録できますので、今すぐにキャンペーンに参加することをおすすめします。

キャンペーンコード:T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

  • 家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件
  • AD(広告料)150%未満の物件
  • 他のクーポンとの併用

エイブル | 仲介手数料が半額

画像出典元:エイブル

エイブルのおすすめポイント

  • 直営店で契約すると仲介手数料が半額
  • 学生や女性向けなどの特集が充実

エイブルは株式会社エイブルが運営する自社型の賃貸サイトです。大手不動産屋のエイブルが運営しているため、情報の信頼性が高く、全国に対応しているのが特徴です。

エイブルの直営店で契約が成立すると、特典として仲介手数料が半額になります。仲介手数料の相場は家賃の1ヶ月分なので、契約時の費用を自動的に削減できます。

学生の一人暮らしや女性向けの物件を特集したページもあり、さまざまなニーズにもきめ細かく対応しています。

いい部屋ネット | 敷金0円で選べる契約パターン

画像出典元:いい部屋ネット

いい部屋ネットのおすすめポイント

  • 敷金0円のプランで入居時・退去時の費用を節約
  • インターネット無料などの特集が充実

いい部屋ネットは大東建託シーリング株式会社が運営する自社型の賃貸サイトです。全国の大東建託グループの物件情報が掲載されています。

入居時のクリーニング代と退去時の原状回復費用を定額で支払うプランでは、敷金0円が適用されます。入居時・退去時の費用を抑えることが可能です。

インターネット無料の物件など、多様な特集があり、希望条件から効率よくお部屋探しができるでしょう。

キャッシュバックなどのお得な特典が受け取れる賃貸サイト3選

物件を契約する際に、キャッシュバックなどの特典を導入している賃貸サイトをご紹介します。キャンペーンなどを利用すれば、賢く初期費用を抑えることができます。

キャンペーンには期限や条件が設定されていることがあるので、詳細は念入りに確認するようにしてください。

RoomPa | キャンペーンと併用するとさらに初期費用を安くできる完全オンライン完結型サービス


RoomPaのおすすめポイント

  • 初期費用を業界屈指の安さに抑えることができる
  • 物件探しのすべてをオンライン上で行える
  • この記事限定のキャンペーンがある

RoomPaは株式会社Amufiが運営する、東京・神奈川・埼玉・千葉・京都・大阪・兵庫エリアに特化した賃貸サイトです。

RoomPaでは、お部屋の紹介に加えて、初期費用が最大で20万円ほど節減できるのが特徴です。

担当スタッフが管理会社と交渉し、火災保険料や保証料などの費用も格安に抑えます。

なお、RoomPaはこの記事を読んだ方限定で物件を契約した方に、初期費用5万円OFFとなるキャンペーンを実施中です。

スマホで30秒あれば登録できますので、今すぐにキャンペーンに参加することをおすすめします。

初期費用を安くできるうえに初期費用5万円OFFも受けられるため、非常にお得な賃貸サイトといえます。

キャンペーンコード:T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

  • 家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件
  • AD(広告料)150%未満の物件
  • 他のクーポンとの併用

Door賃貸 | もれなく全員に5,000円をキャッシュバック

画像出典元:Door賃貸

Door賃貸のおすすめポイント

  • 抽選により多額のキャッシュバックが受け取れるキャンペーンを開催
  • 学生向け・女性限定など多彩な特集ページ

Door賃貸は株式会社キャリアインデックスが運営する賃貸サイトです。全国の物件情報を取り扱っています。

Door賃貸のキャンペーンを利用すると、全員にもれなく5,000円キャッシュバックが受けられるのが特徴です。

また、抽選で100名には最大で10万円のキャッシュバックが付与されます。

サイト内の特集が充実しており、学生向けや女性限定の物件のほか、カウンターキッチンなどさまざまな観点から物件を紹介しています。

スマイティ | 成約時にもれなく1万円をキャッシュバック

画像出典元:スマイティ

スマイティのおすすめポイント

  • 契約が成立すると全員に1万円をキャッシュバック
  • 通勤・通学や家賃相場から物件を検索可能

スマイティは株式会社カカクコムが運営するまとめ検索型の賃貸サイトです。「食べログ」などのサービスも展開する企業が運営しているため、信頼性が高いのが特徴です。

問い合わせから45日以内に物件が成約すると、全員に1万円をキャッシュバックする仕組みを採り入れています。自動的に1万円を受け取れるため、お得に感じやすいでしょう。

学校や勤務先の最寄り駅やエリアごとの家賃相場から物件を検索できるので、効率よくお部屋探しができます。物件は全国の情報を掲載しています。

非対面式でスピーディーにお部屋探しができる賃貸サイト3選

近年では、不動産屋と非対面でお部屋探しができるオンライン式の賃貸サイトも増えつつあります。新型コロナウイルス感染症などの影響もあり、オンライン完結型のサービスの需要は高まったといえるでしょう。

ここでは、オンラインでスピーディーにお部屋を探せる賃貸サイトをご紹介します。

RoomPa | 23時までLINEで問い合わせ可能なオンライン完結型サービス


RoomPaのおすすめポイント

  • オンラインでの物件探しを得意とする専門スタッフが23時までLINEで個別対応
  • 物件探しのすべてをオンライン上で行える
  • 初期費用を業界屈指の安さに抑えることができる

問い合わせから契約までの流れが、すべてオンラインで完結できるので、お部屋探しにかかるお金や時間を大幅に節約できます。問い合わせは23時までLINEから可能です。

深夜まで利用できる非対面型サービスですので、忙しい方や、地方から関東・関西の都市圏に進学・就職する方も快適に利用できます。

なお、RoomPaはこの記事を読んだ方限定で物件を契約した方に、初期費用5万円OFFとなるキャンペーンを実施中です。

スマホで30秒あれば登録できますので、今すぐにキャンペーンに参加することをおすすめします。

初期費用を安くできるうえに初期費用5万円OFFも受けられるため、非常にお得な賃貸サイトといえます。

キャンペーンコード:T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

  • 家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件
  • AD(広告料)150%未満の物件
  • 他のクーポンとの併用

イエプラ | 午前0時までチャット・LINEでの問い合わせに対応

画像出典元:イエプラ

イエプラのおすすめポイント

  • 午前0時まで問い合わせに対応
  • 未公開の物件も多数掲載

イエプラは株式会社エヌリンクスが運営する賃貸サイトです。東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府・京都府・兵庫県の物件情報を取り扱っています。

問い合わせにはLINEやチャットツールを使用し、担当者と顔を合わせることなくお部屋探しを進められます。午前0時まで営業しているため、忙しい方でも安心して利用できるでしょう。

物件情報は7都県のもののみですが、大手の賃貸サイトでは未公開の情報も掲載されており、とことんまで納得のいく物件を探すことを可能にしています。

OHEYAGO(オヘヤゴー) | おとり物件なしのオンライン契約

画像出典元:OHEYAGO

OHEYAGOのおすすめポイント

  • オンライン契約・セルフ内見で非対面を実現
  • おとり物件を排除

OHEYAGOは株式会社イタンジが運営するまとめ検索型の賃貸サイトです。東京都の物件に特化したサービスを展開しています。

OHEYAGOではオンラインで問い合わせや契約を行えます。内見には営業マンが同行しないセルフ式なので、ご自身のペースでお部屋の状態を確認できます。

募集中の物件のみを掲載しており、おとり物件に引っかかることがないため、安心してお部屋探しができるでしょう。

こだわりの物件探しにおすすめの賃貸サイト2選

賃貸サイトの中には、特定のニーズに特化したものがあります。おしゃれな物件やタワーマンションなど、お部屋の質にこだわりたい方もいらっしゃるでしょう。

ここでは、あなたのこだわりに応えてくれる賃貸サイトをご紹介します。

goodroom(グッドルーム) | おしゃれな物件を探したい人におすすめ

画像出典元:goodroom

goodroomのおすすめポイント

  • リノベーション・デザイナーズマンションに特化した物件情報
  • マンスリープランも導入

goodroomはグッドルーム株式会社が運営するポータルサイト型の賃貸サイトです。関東・札幌・名古屋・関西・広島・福岡のリノベーション・デザイナーズの物件情報を掲載しています。

リノベーションとは、中古の物件の内装や配管などを徹底的に改修して、新築同様につくりかえた物件を表します。デザイナーズは、主に特定のコンセプトにもとづいてつくられた物件を指すものです。

いずれも一般的なアパートやマンションよりもデザイン性や空間づくりを意識しており、おしゃれな印象を持ちやすいでしょう。goodroomではリーズナブルなマンスリー契約のプランも導入されています。

RENOSY(リノシー) | タワーマンションなどの高級な物件が多数

画像出典元:RENOSY

RENOSYのおすすめポイント

  • 東京23区内の高級マンションに特化した物件情報
  • こだわり別の検索も可能

RENOSYは株式会社GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)が運営する自社型の賃貸サイトです。

東京23区内の高級賃貸マンションを専門的に扱っており、ハイグレードな物件を探したい方にぴったりです。

多彩な検索機能を搭載しており、カウンターキッチンやフロントサービスなど、こだわりの条件から効率よくお部屋探しができます。

【番外編】5ちゃんねる(2ちゃんねる)は参考にしても大丈夫?

実は5ちゃんねる(旧・2ちゃんねる)も賃貸サイトとして有効に活用できることがあります。5チャンネルは、匿名の電子掲示板という性質上、率直な感想や忌憚のない意見が多く投稿されています。

賃貸に関する掲示板にも、ユーザーの実体験と思われる投稿が見られます。一例としては「キッチンが狭い物件だけはやめておいたほうがいい」という書き込みなどです。

もちろん、すべての投稿が事実とは限りませんが、ユーザーの生の声を聞き取れるという側面もあります。

興味のある方は、一度のぞいてみるのもいいかもしれません。

希望する物件が見つかったら行う5つのステップ

賃貸サイトを閲覧して、興味のある物件がヒットした場合はどのようにすればよいのでしょうか。

ここでは、希望する物件が見つかったときに行うべきアクションを5つのステップに分けて解説します。

5つのステップとは下記のようなものです。

  1. 不動産屋に問い合わせ
  2. 物件の内見を行い希望に見あえば申し込み
  3. 審査に必要な書類を提出
  4. 重要事項の説明を受けたのちに契約書類にサイン
  5. 鍵の受け取り

順を追って解説しましょう。

①不動産会社に問い合わせ

希望する物件が見つかったら、まずは物件を取り扱う不動産屋に問い合わせの連絡をします。

多くの賃貸サイトでは問い合わせ専用のフォームが組みこまれており、所定の欄に情報を入力することで連絡ができるように設計されています。

店舗の電話番号が記載されていることも多く、電話による問い合わせも可能です。

物件の空き状況や他に申し込みがないかを確認してください。物件の空きに問題がなければ、不動産屋と内見の日時を決めます。

人気の物件は成約率も高いので、なるべく早い時期に内見の予約を押さえておきましょう。

なお、RoomPaでは、問い合わせや内見の予約がすべてオンラインで完結できます。

②物件の内見を行い希望に見あえば申し込み

内見の予約を押さえたら、実際に物件まで足を運びます。物件までのアクセスは、不動産屋の店舗からスタッフが同行する場合や、最寄り駅などで待ち合わせするなどの方法が採られます。

なお、RoomPaではオンライン内見を導入しており、インターネット上で物件を内見できます。

オンライン内見とは?

内見は物件の良し悪しを判断する貴重なチャンスなので、ぜひともご自身の感覚を重視してください。

スタッフに希望する条件を伝えておけば、似たような物件を複数内見することもできます。

気になる点があれば、遠慮せずに質問することも大切です。特に、以下のポイントは念入りに確認しておきましょう。

  • 初期費用はいくらくらいか
  • 入居できる時期はいつからか
  • いつまでに入居を決めないといけないか

③審査に必要な書類を提出

物件は先着順に決まることも多いので、申し込みも早めに済ませましょう。申し込みにあたっては、あなたが物件に住むのに問題がないかの審査が行われ、審査のための書類の提出を求められます。

書類に記載する項目は主に下記のようなものです。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 現住所
  • 連絡先
  • 勤務先の情報(会社名・住所・勤続年数・雇用形態・収入など)
  • 連帯保証人の情報(氏名・住所・職業・収入・本人との関係など)

連帯保証人とは、あなたが家賃を払えない場合に代理で支払う人のことで、親など身内が保証人になることが多いです。

近年では、保証人が不要の物件も増えており、連帯保証人の代わりに保証会社を指定するケースもあります。

審査に受かりたいからといって、虚偽の内容を記載することは禁物です。申告に虚偽があるだと発覚した場合、審査に受かるのは非常に難しくなります。

もしも審査に落ちた場合は、不動産屋に相談しながら他の物件を探してみてください。保証会社を変えることで審査に受けるケースもあります。

④重要事項の説明を受けたのちに契約書類にサイン

審査に受かると物件の契約を結びます。契約の手続きは不動産屋の店舗内などで行われることが多いです。

本人確認書類(保険証・運転免許証など)や印鑑といった契約に必要なものは忘れずに持参してください。

契約の際には、「重要事項説明書」にもとづいて重要事項の説明があります。退去時の費用の清算のしかたなどの説明もあるので、しっかりと聞いておきましょう。

契約時に初期費用の支払いも求められることが多いので、あわせて準備しておいてください。

⑤鍵を受け取り入居開始

契約が済み、入居日が来たら、原則として管理会社や不動産屋に鍵を受け取りに行きます。入居を開始する際に、部屋にキズや故障がないかをしっかりとチェックしましょう。

鍵と同時にチェックリストが渡されますので、部屋の各部分をくまなく確認してください。チェックがなかった場合、部屋のキズや故障はあなたの過失だと判断されてしまいます。

顕著なキズや故障は、管理会社や不動産屋に必ず伝えましょう。

よい部屋を見つけるためのコツ3選

よいお部屋を見つけるためには、いくつかのコツがあります。コツをつかんでおくことで、よいお部屋に巡りあえる確率も高まるでしょう。

ここでは、お部屋探しのためのコツを以下の3つご紹介します。

  • 複数の不動産屋に問い合わせる
  • 内見は自分の感覚でしっかりと行う
  • 希望する物件の申し込みはなるべく早い段階で済ませる

それぞれについて、詳しく解説します。

複数の不動産屋に問い合わせる

不動産屋に問い合わせる際は、1社に限定するよりも2~3社に問い合わせることをおすすめします。

複数の不動産屋に問い合わせることで、最も信頼できてあなたと相性がよいスタッフを探せるでしょう。

よいスタッフを見極めるためのポイントとして、以下のようなものがあります。

  • 知識が豊富で、誠実に対応してくれる
  • あなたの希望に添った物件を複数紹介してくれる
  • 「内見だけ」という申し出にも対応してくれる
  • 紹介する物件のデメリットも教えてくれる
  • 決断を急かさず、あなたの意思を尊重してくれる

また、同じ物件でも、不動産屋によって家賃などの条件が異なる場合があります。数社に問い合わせることで、よりよい条件でお部屋を借りられる可能性もあるのです。

内見で重視すべきポイントを用意しておく

内見は、お部屋とあなたとの相性を判断する貴重な機会です。スタッフの営業トークに判断を委ねるのではなく、あなた自身の感覚でしっかりと決断してください。

内見の際に重視するべきポイントを項目別にまとめましたので、しっかりと押さえておきましょう。

項目チェックの際のポイント
周囲の環境最寄り駅からの距離(実際に歩いてみる)
学校や職場への距離(学校や職場の近くで探す場合)
コンビニやスーパーなどよく使う施設との位置関係
共用部エントランス・エレベーター・ゴミ置き場(清掃は行き届いているか)
ゴミ捨て場までの距離や出せる時間帯
物件に実際に住んでいる人(トラブルなどの可能性はないか)
室内壁の厚さ(実際に軽く叩いてみる)
収納スペースの広さ
収納スペースの広さ
収納スペースの広さ
電車や高速道路などの騒音の有無

特に、物件の音に関する状況は内見でしか判断する機会がありません。物件を決めてから最も後悔しやすいパターンのひとつが騒音です。

近隣の住人の生活音や電車・自動車の走行音については、あなた自身の耳でしっかりとジャッジしましょう。

希望する物件の申し込みはなるべく早い段階で済ませる

賃貸物件の契約は原則として先着順に行われます。せっかく希望する物件が見つかっても、判断を先延ばしにして他の人に申し込まれてしまっては元も子もありません。

人気の物件であるほど、すぐに契約で埋まってしまうものです。

絶対に押さえておきたい条件をピックアップしておき、内見でクリアしていたら契約するのもひとつの手段です。

賃貸サイトを有効活用してあなたに最適なお部屋探しを

賃貸サイトは、多くの物件情報をまとめており、お部屋探しの入り口として有効に活用できます。検索機能が充実しているサイトが多く、希望する条件から効率よくお部屋探しができます。

今回ご紹介した賃貸サイトは、いずれも信頼性の高いものばかりです。それぞれのサイトの特徴を把握し、あなたに最適なサイトから物件情報にアプローチしてみてください。

東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・兵庫でお部屋探しをする方には「RoomPa」が特におすすめです。

RoomPaでは、物件選びから内見、契約まですべてオンライン完結できます。

担当スタッフがお部屋探しだけでなく、管理会社との交渉を行い、初期費用を最大で20万円ほど節減できる点も魅力です。

また、この記事を読んでくれた方にRoomPaでお部屋を契約すると初期費用50,000円OFF!を行っています。

これから下半期に差し掛かり引越しされる方も増えてきますので、今すぐのご登録がおすすめです。

キャンペーンコード:T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

  • 家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件
  • AD(広告料)150%未満の物件
  • 他のクーポンとの併用

RoomPaで理想のお部屋を効率的に見つけましょう。