仲介手数料

賃貸の仲介手数料の目安は家賃0.5〜1ヶ月分!仲介手数料を安く抑える5つのコツも紹介

公開日:

最終更新日:

「賃貸の仲介手数料の目安ってどのくらいなんだろう」

「仲介手数料を安く抑えることってできないのかな」

引っ越しの初期費用には家賃以外にも支払わなければならない費用が多くあって分からなくなりますよね。

今回はそのうちの一つである仲介手数料の目安や仲介手数料を安く抑えるコツをご紹介していきます。

結論、仲介手数料の目安は家賃の0.5〜1ヶ月分で、仲介手数料を徹底的に抑えたいならRoomPa(ルムパ)がおすすめです!

ルムパなら仲介手数料を含む初期費用の値引きを行い、低コストな賃貸契約を実現できます。

(*対応地域:関東全域・大阪・京都・兵庫)

本記事を読むことによって、仲介手数料の仕組みや費用を安く抑えて引っ越しができるコツを知れるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

キャンペーンコード:T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

  • 家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件
  • AD(広告料)150%未満の物件
  • 他のクーポンとの併用

そもそも仲介手数料ってなに?

基本的に物件契約のやりとりは個人間ではなく不動産会社などの仲介業者を通して行います。

仲介手数料とはその際に物件の紹介や契約の交渉などの取引を成功させてくれたお礼として、不動産会社に報酬を支払う手数料のことです。

つまり、成功報酬型の手数料なので、契約が成立しなかった場合は支払う必要はありません。

敷金や礼金との違いは?

初期費用の内訳には「仲介手数料」以外にも「敷金」や「礼金」などもあります。それぞれの意味や違いがよく分からないと、ややこしく感じますよね。

これらの違いを次の表にまとめました。

仲介手数料不動産会社に物件を紹介してくれたお礼として支払う金銭
礼金入居する際、物件を貸してくれるお礼として貸主に支払う金銭
敷金借りていた物件を退出する際に破損箇所などを修繕したり賃料を延滞してしまったりした際に備えて、貸主に一時的に預ける金銭。(解約の際に特に問題がなければ返金してもらえます。)

(これらの料金も物件によって大きく変わってくるので必ず確認するようにしましょう)

賃貸の初期費用に関してもっと詳しく知りたいという方は「賃貸 初期費用」の記事で詳しくまとめているので、ぜひ確認してみてくださいね。

仲介手数料の相場はどのくらい?

仲介手数料の相場はどのくらいなのでしょうか。

ここからは仲介手数料の相場についてご紹介していきます。

仲介手数料の相場は「家賃の0.5ヶ月〜1ヶ月分」

仲介手数料は国土交通省が取り決めた法律によって「家賃の1ヶ月分+消費税」が上限として決められてます。

(報酬)第四十六条 宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買、交換又は貸借の代理又は媒介に関して受けることのできる報酬の額は、国土交通大臣の定めるところによる。2 宅地建物取引業者は、前項の額をこえて報酬を受けてはならない。3 国土交通大臣は、第一項の報酬の額を定めたときは、これを告示しなければならない。4 宅地建物取引業者は、その事務所ごとに、公衆の見やすい場所に、第一項の規定により国土交通大臣が定めた報酬の額を掲示しなければならない。

引用元:宅地建物取引業法 | e-Gov法令検索

また、まれに物件を探している方の中には「仲介手数料を1ヶ月分請求するのって違法じゃないの?」と思っている方もいますが、「家賃の1ヶ月分+消費税」以内であれば違法になりません。

とはいえ、家賃が高ければ高いほど仲介手数料も高額となるので、物件を探す際には担当スタッフに仲介手数料を含めた初期費用の金額はいくらか確認を取るようにましょう。

仲介手数料には消費税も含まれるので注意!

仲介手数料にも消費税が含まれるので、物件を探す際はそれも計算に入れた上で予算を伝えるようにしましょう。

仲介手数料を安くするための5つのコツ

ここからは仲介手数料を安くするためのコツをご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

仲介手数料を安くするためのコツはこちらの5つです。

  1. 閑散期を狙う
  2. 家賃の安い物件を選ぶ
  3. 仲介手数料が安くなるサービスを使う
  4. 自社で管理している物件を探す
  5. 仲介手数料が無料や割引されている物件を選ぶ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.閑散期を狙う

仲介手数料を安く抑えたいなら夏に引っ越しするのがおすすめです。

不動産業界にも閑散期と繁忙期があるため、時期によって相場が変わってきます。

例えば、卒業式や入学式、転勤などがある1月〜4月と9月〜10月は引っ越しを行う人が多く増えるので、初期費用が高くなる傾向にあります。

反対に6月〜8月の夏の間は引っ越しの行事もないため、一番閑散している時期になっています。

ただ、必ず仲介手数料をを安くしてもらえるわけではないため、不動産会社などに確認を取るようにしてみてくださいね。

時期状況安さ
1月〜4月1回目の繁忙期×
5月〜6月少し落ち着いてくる頃
7月〜8月一番閑散している
9月〜10月2回目の繁忙期
11月〜12月閑散期

2.家賃の安い物件を選ぶ

こちらはシンプルな話ですが、先ほどご紹介したように仲介手数料の上限は「家賃1ヶ月分+消費税」です。

そのため、選ぶ物件の家賃が低ければ低いほど仲介手数料も安くなっていきます。

3.仲介手数料が安くなるサービスを利用する

サービスによって仲介手数料が大きく変わってくる場合もあります。

どのサービスを利用すると一番お得に引っ越しをできるか見極めることによって、納得のいく物件探しができるでしょう。

でも「いろんなサービスがありすぎてどれがいいのかも分からない」という方には、仲介手数料を徹底的に安くできるRoomPa(ルムパ)がおすすめです!

RoomPaなら専門エージェントがあなたに合った物件を提案、仲介手数料を含む初期費用の値引きを行い、低コストな賃貸契約を実現できます。

(*対応地域:関東全域・大阪・京都・兵庫)

4.自社で管理している物件を探す

不動産会社が扱う物件には「自社物件」というものがあります。

自社物件は不動産会社が直接所有している物件のことで、通常よりも安い場合があります。

ただ、自社物件だと取り扱われている物件数が少ないため、希望通りの物件を見つけることは難しいでしょう。

5.仲介手数料が無料や割引されている物件を選ぶ

不動産会社によっては、仲介手数料を無料にしていたり割引キャンペーンなどを行っていたりすることもあります。

そのような不動産会社を選ぶことも、仲介手数料を安く抑えられる方法です。

ただ、仲介手数料は無料に設定されていても、トータルで初期費用を見たときに高額になる可能性もあるので注意は必要です。仲介手数料だけに着目せず、物件契約の初期費用も事前に確認するようにしましょう。

仲介手数料が安くなるおすすめのサービスは?

ここまで仲介手数料の仕組みや安く抑えるコツをご紹介してきましたが、「もっと安くできるサービスを知りたい!」と思う方もいますよね。

ここからは初期費用を徹底的に安くできるところかキャッシュバックが発生する可能性もあるサービスをご紹介するので、ぜひチェックしてみてください!

仲介手数料を含む初期費用を徹底的に安くするならRoomPa(ルムパ)がおすすめ!

RoomPaとは、お部屋探しをサポートする専門エージェントが仲介手数料、その他賃貸契約に関する初期費用の値引き交渉を行い、低コストな賃貸契約を実現してくれる不動産賃貸サービスです。

(*対応地域:関東全域・大阪・京都・兵庫)

一般的な不動産会社よりも安い仲介手数料を実現しており、場合によっては、キャッシュバックが発生することもあるので大変お得にお部屋探しができますよ。

またRoomPaでは仲介手数料を安くするだけでなく、保険や保証会社、鍵交換費用等の見直しも行っているため、業界屈指の初期費用を提供できます!

営業時間も23時まで営業しており、相談などのやり取りはLINEを使用するため、忙しい方でも契約まで気軽にかつスピーディーに行えるでしょう。

キャンペーンコード:T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

  • 家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件
  • AD(広告料)150%未満の物件
  • 他のクーポンとの併用

仲介手数料の1ヶ月の相場まとめ

  • 仲介手数料の相場は「家賃0.5月〜1ヶ月分+消費税」
  • 夏の閑散期に探すことによって仲介手数料を安くできる

仲介手数料は「家賃0.5月〜1ヶ月分+消費税」が相場でした。

もし引っ越しの費用を少しでも安くしたいなら、仲介手数料だけでなく、初期費用全体を徹底的に安く抑えてくれるRoomPaがおすすめですよ。

キャンペーンコード:T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

  • 家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件
  • AD(広告料)150%未満の物件
  • 他のクーポンとの併用