初期費用

一人暮らしの初期費用20万に抑えるコツ7選|初期費用を最低価格に抑える方法を賃貸のプロが徹底解説!

公開日:

最終更新日:

「初めての一人暮らしだけど、費用にあまり余裕がない」

「入居後の生活のためにも、費用を温存したい」

お部屋探しの際に、費用に関するお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

特に、学生や社会人の方が初めて一人暮らしをする場合、賃貸契約の初期費用についてはなるべく安く抑えたいことでしょう。

今回は、「初めての一人暮らしを初期費用20万円で行うための方法」について検証します。

初期費用のなかで、抑えることが難しい項目や費用を安く抑えるためのコツについても解説します。

最もおすすめの初期費用を抑えるコツは、初期費用が業界屈指の安さになる「RoomPa(ルムパ)」のサービスを利用する方法です。

専門エージェントの交渉により初期費用が業界最安値に!

キャンペーンコード:T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

  • 家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件
  • AD(広告料)150%未満の物件
  • 他のクーポンとの併用

他にも初期費用を抑えられるコツはあります。

この記事を読めば初期費用を20万円以内に収めるための方法に詳しくなれますので、ぜひ最後まで読んでください。

初期費用を20万円に設定した場合の家賃などの目安

まずは、初期費用を20万円に抑えるための各費用の目安について見ていきましょう。

初期費用を節減するためには、家賃を安く設定することはもちろん、それ以外の費用がかからない物件を探すことが重要です。

以下の表は、費用の制限を設けずに物件を契約した場合と、初期費用を20万円以下に抑えた場合の主な費用の一覧です。

費用の制約のない物件Aと、初期費用を20万円以下にするための物件Bを対比するとしましょう。いずれの場合も、日割り家賃(入居した月の家賃が入居日数に応じて発生)は5日分として計算します。

費用物件A物件B
家賃(管理費込み)7万円5万円
日割り家賃1万1,667円8,335円
前家賃7万円5万円
敷金7万円0円
礼金7万円0円
仲介手数料7万円2万5,000円
保証料3万円3万円
火災保険料1万5,000円1万5,000円
鍵の交換代1万円1万円
合計41万6,667円18万8,335円

初期費用を抑えるには、不動産屋に「敷金・礼金が0円の物件を探している」などと、低予算でお部屋探しをしている旨を伝えるとよいでしょう。

初期費用で抑えるのが難しい費用4項目

先ほどの表からもわかりますが、物件にかかる費用のなかには安く抑えることが困難なものが存在します。物件AとBを比べた場合、敷金・礼金よりも金額を抑えることが難しいのが次の4つです。

  • 仲介手数料
  • 保証料
  • 火災保険料
  • 鍵の交換代

なぜ、減額が難しいのか、その理由についてご説明します。

なお、RoomPa(ルムパ)では、これらの減額することが難しい費用を管理会社や大家さんと交渉してもらえることで、安く抑えられます。

キャンペーンコード:T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

  • 家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件
  • AD(広告料)150%未満の物件
  • 他のクーポンとの併用

仲介手数料 | 物件の成約時に家賃の約1ヶ月分が発生

仲介手数料とは、物件が成約した場合に、不動産屋に支払う手数料のことです。

お部屋探しには不動産屋のサポートは欠かせません。多くの不動産屋では、仲介手数料を家賃の0.5~1ヶ月分に設定しています。

物件にかかる家賃や敷金・礼金とは異なり、不動産屋に一定額を支払う必要があるため、減額が難しいのです。不動産屋としても、自社の収益となる仲介手数料は一定額を確保しておきたいため、お客様が個人で交渉して値下げするのはハードルが高いといえます。

先に示した表では、家賃5万円の物件Bの仲介手数料は0.5ヶ月分の2万5,000円となっています。仮に、仲介手数料が1ヶ月相当の5万円であれば、20万円の予算をオーバーします。

火災保険料 | 管理会社によって指定されているケースあり

火災保険料は入居後の災害に備えて支払う費用です。火災のみならず、水害や落雷など幅広い災害に対する補償を行います。

加入が必須となっている物件も多く、管理会社によって特定の業者やプランが指定されているケースもあります。

要加入で管理会社があらかじめ業者・プランを指定している物件では、火災保険料が自動的に初期費用に組み込まれることになります。

また、火災保険料は2年契約というケースが多く、入居後も契約更新のための費用がかかるので要注意です。

保証料 | 保証会社に一定額の支払いが発生

保証料は、入居する物件と提携している保証会社に掛け金として支払う費用です。保証会社は保証料を預かり、家賃の滞納などがあった際には、入居人の未納分を一時的に立て替えます。

火災保険料と同じく、管理会社によって加入が義務付けられており、業者が指定されていることもあります。

業者によって異なりますが、初回に所定の保証料を支払うケースも多いです。

先ほど示した表では、物件AとBで初回に3万円を保証料として負担しています。特に、契約時に支払う保証料の金額が固定されている場合は、初期費用として節減することが難しいでしょう。

鍵の交換代 | 入居時に契約者が負担

鍵の交換代も原則として入居者が負担します。鍵の種類によっても費用が変動し、ディンプルキーなどの複雑な構造であれば費用は割高になりやすいです。

直接的に物件にかかる費用ではなく、いわばオプションのような扱いも多いため、減額が難しいといえるでしょう。シンプルな構造の鍵であれば数千円で済むケースもありますが、相場として1万円以上を想定しておきましょう。

初期費用を20万円に抑えるためのコツ7選

やはり、初期費用を20万円以下に抑えるためには、お部屋探しの際にある程度コントロールできる条件に着目したほうがよさそうです。

ここでは、初期費用を抑えるのに効果的なコツを7つご紹介します。

  • 家賃を4~5万程度に設定する
  • 敷金・礼金が0円の物件を探す
  • フリーレント物件を探す
  • 仲介手数料が安い不動産屋でお部屋を探す
  • 連帯保証人を用意して物件を探す
  • 任意の保険プランに加入できる物件を探す
  • 入居時に鍵を交換しない

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

家賃を4~5万程度に設定する

一般的に、お部屋探しの際の初期費用は、家賃の約5倍が目安になるといわれます。家賃が高くなるにつれて、敷金・礼金や仲介手数料なども高額になります。

初期費用を20万に抑えたい場合、家賃は4万円台が理想的といえるでしょう。たとえ敷金・礼金などが0円であっても、5万円程度の物件にとどめておくのが無難です。

なお、「RoomPa(ルムパ)」では、個人では交渉しづらい保証会社の見直しなどで格安の初期費用を実現します。

「気になる物件の家賃は5万円を超えているけど、初期費用は20万しか用意できない」といった方にぴったりのサービスです。

敷金・礼金が0円の物件を探す

敷金・礼金を支払う物件では、初期費用が高額になりやすいです。仮に家賃が4万円としても、敷金・礼金が2ヶ月分であれば、それだけで20万円に達してしまいます。

金が0円の物件を検索する機能が搭載されているので、積極的に利用してみてください。

なお、物件探しから契約までWEBで完結ができる不動産賃貸サービス「RoomPa(ルムパ)」では、敷金・礼金が0円の物件も豊富に取り扱っています。

また、担当の仲介スタッフが物件の管理会社やオーナーに掛け合ってくれるので初期費用を抑えたい方におすすめのサービスとなっています。

ゼロゼロ物件(敷金・礼金が0円の物件)について詳しくまとめている記事がありますので、興味のある方は参考にしてみてください。

【ゼロゼロ物件】の内部記事引用

フリーレント物件を探す

フリーレント物件とは、入居から一定の期間、家賃が発生しない物件のことです。ある程度の期間において家賃がかからないので、入居後の生活にも余裕が生まれやすいでしょう。

敷金・礼金が0円の物件と同様、多くの賃貸サイトで「フリーレント物件」と条件を設定して検索することが可能です。

なお、「RoomPa(ルムパ)」では、フリーレント物件の取り扱いも豊富です。「RoomPa」はお部屋探しの相談をしてくれるだけでなく、担当スタッフが管理会社と交渉を行うことで初期費用を格安にできるお得な賃貸サービスです。

フリーレントについて詳しくまとめている記事がありますので、興味のある方は参考にしてみてください。

【フリーレント】の内部記事引用

仲介手数料が安い不動産屋でお部屋を探す

先ほどご説明したように、仲介手数料は減額が難しい費用のひとつです。多くの不動産屋では仲介手数料を1ヶ月分に設定していますが、安くなる業者もあります。

賃貸サイトで「仲介手数料が半額」などと条件を設定可能なので、仲介手数料に注目して不動産屋を選ぶのもおすすめです。

なお「RoomPa」では一般的な不動産会社よりも仲介手数料を安くできます。さらに保険会社の見直しを行うことで火災保険料なども減額できる可能性があります。

キャンペーンコード:T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

  • 家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件
  • AD(広告料)150%未満の物件
  • 他のクーポンとの併用

連帯保証人を用意して物件を探す

保証料も減額するのが困難な初期費用です。保証料は原則的に掛け捨てであることが多く、返金されないことから負担に感じやすいでしょう。

物件によっては、連帯保証人がいれば保証会社が不要になるケースがあります。賃貸サイトでは、保証料に関する条件が記載されている物件もあるので、忘れずにチェックしておきましょう。

ただし、近年では保証会社が必須である物件も増えてきているので注意が必要です。

「RoomPa」では、保証会社を見直すことで保証料を減額できることがあります。入居者にとってメリットの少ない保証料を抑えられるため、心理的にもお得に感じやすいでしょう。

任意の保険プランに加入できる物件を探す

火災保険には原則としてほとんどの物件で加入が必須ですが、保険会社やプランを任意に選択できることがあります。

安い保険会社やプランを利用することで、初期費用を節減できる余地があります。ただし、任意に選択できる場合であっても、「補償料は〇万円以上」など加入のための条件を指定されていることもあるので要注意です。

「RoomPa」では、火災保険の会社やプランを見直すことで、保険の内容は変えずに最安値のプランに切り替えた実例があります。火災保険料は、万が一のためにも可能な限りサポートが手厚いプランに加入しておきたいものです。

キャンペーンコード:T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

  • 家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件
  • AD(広告料)150%未満の物件
  • 他のクーポンとの併用

入居時に鍵を交換しない

入居時に鍵を交換しないことでも初期費用を抑えられます。鍵の交換を不要にできる物件では、固定的にかかる初期費用をカットできます。

もちろん、防犯上のリスクはあるので、あくまでも割り切れる方に向けたコツだと理解してください。

「Rooma」では、鍵の交換を希望しないお客様であれば、鍵の交換代を0円または減額にできるよう管理会社との交渉を行います。

RoomPa(ルムパ)なら格安の初期費用を実現可能

「RoomPa」は、 格安の初期費用を実現できるオンライン完結型の不動産賃貸サービスです。

LINEによる相談で、物件探しから契約までをすべてオンラインで完結できます。

また、仲介手数料が一般的な不動産と比べて格安であるほか、保証会社や保険プランなどの見直しを行うため、節減が難しい費用についても効果的に減額できる可能性があります。

例えば、火災保険料について管理会社と交渉を行うことで、保証の内容は変えずに最安値のプランに切り替えた実例があります。

そのほか、鍵の交換を必要としないお客様に対しても、鍵の交換代を削除または減額できるように交渉します。

初期費用を格安にできるため、予算の少ない方でも安心して利用できるのが特徴です。また、同じ予算内でも初期費用を抑えることで、より高い家賃の物件に入居できるチャンスにも恵まれるでしょう。

関東全域と大阪・京都の物件に対応しており、問い合わせには23時まで対応可能です。夜遅くまでサポートが受けられるため、忙しい社会人の方でも余裕をもってお部屋探しをすることができるでしょう。

さらに、敷金・礼金が0円の物件やフリーレント物件といったお得な物件の取り扱いも豊富です。

すでに気になる物件が見つかっている方は物件の見積書や物件のURLを提示すれば、その物件の見積書を見直してくれるため、今提示されている見積書よりも安い初期費用を実現してくれます。

キャンペーンコード:T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

  • 家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件
  • AD(広告料)150%未満の物件
  • 他のクーポンとの併用

初期費用を20万円に抑えるには条件の見直しが重要

初期費用を20万円に抑えるためには、費用ごとに条件を整理しておくことが重要です。

敷金・礼金が0円の物件やフリーレント物件であれば、初期費用を効果的に節減できます。仲介手数料の安い不動産屋を選ぶことでも初期費用を抑えられるでしょう。

一方で、火災保険料や保証料など、値下げすることが難しい費用もあるので注意が必要です。

「RoomPa(ルムパ)」では、保証料などの見直しを行い管理会社と交渉をすることで、格安の初期費用を実現できます。とにかく初期費用を抑えたい方や、入居したい物件の初期費用が予算オーバーしてしまう方にもおすすめの不動産賃貸サービスです。

ぜひ、RoomPaを利用して、住みたい物件にお得に入居してください。