仲介手数料

仲介手数料が無料の裏にはからくりがあった!仲介手数料を少しでも安くするための方法もご紹介

公開日:

最終更新日:

「仲介手数料って絶対払わなければいけないはずなのになんで無料の場合があるの…?」「仲介手数料がかからないってことは怪しい物件なのかな」

仲介手数料0円の物件を見つけると思わず疑ってしまいますよね。

実は仲介手数料が無料になっているのはちゃんとした理由があるのです!今回は仲介手数料が無料のからくりやデメリットなどをご紹介していきます。

本記事を読むことによって仲介手数料の仕組みが知れたり、物件探しをしている方は今の見積もり金額よりも安く抑えれる可能性もあるのでぜひチェックしてみてくださいね。

なお、RoomPa(ルムパ)では、専門エージェントの交渉により業界屈指の初期費用を実現できます。

キャンペーンコード:T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

  • 家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件
  • AD(広告料)150%未満の物件
  • 他のクーポンとの併用

そもそも仲介手数料とは

そもそも「仲介手数料の仕組みがいまいち分からない」という方もいますよね。

簡単にいうと、仲介手数料とは物件の紹介料のことです。

基本的に物件契約のやりとりは個人間ではなく不動産会社などの仲介業者を通して行います。

その際に物件の紹介や契約の交渉などの取引を成功させてくれたお礼として、不動産会社に報酬を支払うのです。

つまり、成功報酬型の手数料なので契約が成立しなかった場合は支払う必要はありません。

また仲介手数料以外にも初期費用がかかるので、気になる方はこちら「賃貸 初期費用」

の記事もチェックしてみてください

仲介手数料が無料である主な2つのからくり

では、なぜ不動産会社に紹介してもらって物件を探すの仲介手数料が無料になることがあるのでしょうか。

ここからは仲介手数料が無料になっている主な3つのからくりをご紹介していきます。

1.物件が自社物件である

自社物件とは貸主が不動産会社が直接所有している物件のことで、他社による仲介が発生しません。

仲介手数料は物件を紹介してもらうお礼として貸主と借主から支払われるものです。自社管理の物件の場合、不動産管理会社と借主との間で直接契約を交わすので、仲介手数料が発生しない場合があります。

ただ、自社物件として取り扱われている物件は多くはないため、それだけを条件にして絞ってしまうと、希望通りの物件が見つかりにくくなります。

2.広告料で補われている

不動産会社が貸主から強く紹介してほしいといわれている物件を広告として宣伝している場合があります。

その場合、物件を紹介する際に顧客から仲介手数料を受け取らなくても広告費だけで利益が出るので、仲介手数料を受け取る必要がありません。

仲介手数料が無料な場合の3つのデメリット

ここまで仲介手数料が無料であるからくりについてご紹介してきました。

一見お得に感じるかも知れませんが、もちろんデメリットもあるのです。

ここからは仲介手数料が無料な場合のデメリットをご紹介していきます。

1.仲介手数料が安い代わりに他の費用が高い場合がある

早く入居者を集めたい貸主の中には、一時的に仲介手数料を負担して不動産会社に支払っい、他の部分でその費用を回収している場合があります。

そうすることによって利益が出るので、借主の仲介手数料が無料になっている場合があるのです。

2.探せる物件の数が減る

こちらは先ほども少しご紹介しましたが、希望条件を仲介手数料無料の物件だけに絞って探すと元々希望していたような物件をなかなか見つけられません。

基本的に賃貸契約のやりとりは仲介手数料を支払うものなので、安くすることだけを考えて物件探しをしてしまうと、後々後悔してしまう可能性もあります。

不動産賃貸サービスの「RoomPa(ルムパ)」は、お部屋探しから物件の契約まですべてオンラインで完結ができ、 「初期費用はなるべく安くしたいけど自分の住みたい場所に引っ越したい!」という方におすすめです!

賃貸契約時に発生する費用の交渉によって初期費用の総額を大幅に抑えられるので、まだ物件探しをしていないという方は利用してみてはいかがでしょうか。

キャンペーンコード:T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件
AD(広告料)150%未満の物件
他のクーポンとの併用

3.対応が少し疎かにされてしまう可能性もある

不動産会社は仲介手数料を収入源の一つとして受け取っています。

それを値引きなどの交渉をしてしまうことは、スタッフの人件費まで削ってしまっているとも考えられるので、行き届いたサービスを受けられない可能性があります。

元から仲介手数料が無料の物件ならいいですが、もし交渉などを考えているのならあまりおすすめはできません。

仲介手数料を少しでも安くするなら?

ここまで仲介手数料が無料の場合の仕組みやデメリットをご紹介しました。

多くの方が可能なら、安心できる方法で安く賃貸契約を交わしたいですよね。

ここからはその場合におすすめのサービスをご紹介します!

RoomPa(ルムパ) なら他社よりも必要な費用が10〜20万円ほど安くなる可能性も!?

RoomPa(ルムパ)は株式会社Amufiが運営している賃貸契約サービスです。

RoomPa(ルムパ) では仲介手数料を安くするだけでなく、専門スタッフが物件オーナーとの初期費用の交渉を行ってくれたり、保険や保証会社、鍵交換費用等の見直しも行っているため、初期費用を格安にて提供できます!

また営業時間も23時まで営業しており、相談などのやり取りはLINEを使用するため、忙しい方でも契約まで気軽にかつスピーディーに行えるでしょう!

仲介手数料が無料のからくりまとめ

・仲介手数料が安い理由には「貸主が早く部屋の空きを埋めたい」、「物件が自社物件である」、「広告料で補われている」というからくりがあった

・仲介手数料が安い代わりに細かな対応をしてもらえない可能性がある

・格安で賃貸契約を結びたいならRoomPa(ルムパ)がおすすめ

仲介手数料が安いからくりにはさまざまな理由がありました。しかしどれも怪しい理由で行われれているのではないため、安心して利用することができますよ。

ここでは、初期費用を抑える簡単なコツを紹介します。

初期費用を抑えるコツはこちらの5つです、

  • RoomPa(ルムパ)のサービスを利用する
  • 敷金礼金のない物件を選ぶ

ちょっとしたアイディアから初期費用を格段に抑えられる便利なサービスまであるので、きっとあなたにぴったりの方法が見つかるでしょう。

RoomPa(ルムパ)のサービスを利用する

画像出典:RoomPa(ルムパ)

初期費用を可能な限り抑えたいという方におすすめなのが、「RoomPa(ルムパ)」と呼ばれるサービスです。

・一般的な不動産会社に比べて仲介手数料が格安であるだけでなく、火災保険料や鍵交換費用など、他社では見直しができない費用を見直し、徹底的に初期費用を下げる

・忙しくてもOK!23時まで気軽に利用ができるLINE相談

対象区域は「関東全域」「大阪」「京都」「兵庫」となっています。

首都圏や関西への引っ越しを考えている方はぜひ利用してみてくださいね。

なお、RoomPaでは物件の相談から契約までWEBで完結が可能です。 23時までLINE相談ができますので、忙しい方にもぴったりです。

また、すでに気になる物件がすでにある場合、その物件のURLや見積書をLINEで送信するだけで、初期費用を業界最安値まで下げてもらえます。

キャンペーンコード:T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

  • 家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件
  • AD(広告料)150%未満の物件
  • 他のクーポンとの併用