賃貸サイト

SUUMO(スーモ)の口コミ・評判|実際に使ってみた感想とメリット・デメリット

公開日:

最終更新日:

スーモ(SUUMO)は国内で最大級の物件掲載数を誇り、検索機能も洗練されていることから、利用するユーザーも多い賃貸サイトです。

ただ、お部屋探しをする方が多く利用しているからといって、あなたに最適なサービスとは限りません。

「スーモに悪い口コミもあるけど大丈夫?」

「スーモは自分に向いているの?」

などといった疑問もあることでしょう。

今回は、口コミも交えながら、スーモの特徴やスーモをおすすめしたい方のタイプなどを徹底的に解説します。

さらに、スーモの特徴を踏まえたうえで、おすすめしたい賃貸サイトも3つご紹介します。

結論からいえば、スーモは多くの物件情報を比較しながら物件探しをしたい人におすすめの賃貸サイトです。しかし、スーモはあくまで物件情報を掲載しているサイトのため「お得に物件に入居したい」という方には向いていません。

スーモで見つけた物件をお得にしたいのなら、RoomPa(ルムパ)がおすすめ。専門のスタッフが賃貸の管理会社やオーナーと交渉してくれるため、賃貸契約の初期費用をお得にできます。

最後まで読んでいただければ、スーモの特徴をしっかり把握できるうえに、他のサイトも効率よく取り入れられるようになるでしょう。

目次

スーモを詳しく知るための特徴5つ

まずは、スーモを詳しく知ることから始めましょう。スーモには以下のような特徴があります。

  • スーモは物件掲載数が国内最大級
  • スーモを運営している企業はリクルート社
  • スーモはオリコン顧客度満足ランキングがナンバー1
  • スーモのサイトはコラムも充実
  • スーモはアプリ版も好評

それぞれの特徴について順に解説しましょう。

スーモは物件掲載数が国内最大級

スーモの特徴で特筆すべきは、掲載されている物件数の多さです。スーモは全国の不動産屋の物件をまとめて掲載するポータルサイトとしての役割を持ちます。

全国の不動産屋の持つ物件情報を集約させた窓口をイメージするとわかりやすいでしょう。

スーモには多くの不動産屋から物件情報が寄せられており、その総数はなんと全国で約729万件にものぼります。(2021年7月現在)

圧倒的な物件情報数は、スーモの大きな強みといえるでしょう。

スーモを運営している企業はリクルート社

では、スーモにはなぜ他サイトよりも多くの情報が集まるのでしょうか。スーモを運営しているのは、大手企業のリクルートホールディングスに所属する株式会社リクルート住まいカンパニーです。

株式会社リクルート住まいカンパニーはスーモの運営以外にも、不動産情報誌の発行や引っ越し見積もりサービスなどを行っています。

実績のある大手企業が運営していることから、業界内での信頼性も高く、結果として多くの物件情報が集まるのです。

スーモはオリコン顧客度満足ランキングがナンバー1

スーモはユーザーからの満足度が高いのも特徴です。株式会社オリコンが定期的に実施している「オリコン顧客満足度ランキング」の賃貸サイト部門にて、スーモはナンバー1に輝いています。(2020年5月調査実績)

オリコン顧客満足度ランキングでは、以下の項目から賃貸サイトを評価しています。

  • サイトの使いやすさ
  • 検索のしやすさ
  • 物件情報の充実さ
  • 特集・キャンペーン
  • 問い合わせのしやすさ

いずれの項目においてもスーモはトップに位置しており、ユーザーから根強く支持されていることがうかがえるでしょう。

スーモのサイトはお部屋探しのノウハウも充実

スーモには物件情報だけでなく、お部屋探しの際に役立つコラム記事なども掲載されています。記事はテーマ別に分類されており、知りたい情報にスピーディーにアクセスできるように設計されています。

一例として「賃貸」の「一人暮らし」にどのような記事が掲載されているかを見てみましょう。

「一人暮らしの物件・部屋探しのポイントは?」

「一人暮らしにかかる費用は?」

「一人暮らしにおすすめの家電は?」

いずれもお部屋探しに有益な情報であり、物件選びだけでなく、入居後の生活の参考になるでしょう。

学生の賃貸事情など、最新の情報も随時更新されており、情報の鮮度が高いのも特徴です。

スーモはアプリ版も好評

スーモはサイトだけではなく、アプリもリリースしています。アプリにも「使いやすい」との口コミが多く寄せられており、アプリならではの機能も充実しています。

以下は、アプリ版スーモの機能の一例です。

なぞって検索:表示された地図の任意の範囲を囲んで、指定した範囲内の物件を表示

おさんぽ検索:実際に街を歩いた際に、歩いた範囲内から指定された条件に合う物件を表示

シンプルでわかりやすいデザインと、スマホなどモバイル端末の利点を活用した設計で、快適で楽しいお部屋探しを実現できるでしょう。

スーモはだめ?口コミからスーモを徹底検証

ここからは、スーモのサービスに対するユーザーの口コミをご紹介します。ユーザーの率直な感想を知ることで、スーモをより深く知ることができるでしょう。

スーモのよい口コミ・評判

スーモは顧客満足度が高いこともあり、口コミにも好意的なものが多く見られました。サービスの特色ごとに、スーモに対する口コミをご紹介します。

スーモは部屋探しの部屋探しの定番として利用しやすい

一人暮らしをしたい方のツイートです。一人暮らしのための物件情報を検索する際に、スーモを利用しています。スーモが部屋探しの定番としてユーザーに認知されていることがうかがえるでしょう。

スーモは物件の掲載件数が多く希望の物件が見つかりやすい

スーモには他サイトを圧倒する物件情報が掲載されており、希望する物件を多くの情報から探すことができます。物件情報が豊富なため、「ペット可」などの条件を指定してもヒットする物件数が多く、物件を幅広く比較できます。

スーモの検索機能は便利で使いやすい

スーモは検索システムが洗練されており、多彩な条件から物件を絞り込むことが可能です。多くの物件情報から効率よく検索できるのが特徴です。ただし、後ほど詳しく解説しますが、不動産屋の質にバラつきがある点は留意しておきましょう。

スーモはアプリ版も使いやすい

スーモはサイトも使いやすいと評判ですが、アプリ版を愛用しているユーザーも多く存在します。スーモのアプリ版は「なぞって検索」など、モバイル端末の特性を活かした機能が充実しています。

より使いやすいように改良が重ねられており、リクルート社のサービスに対する真摯な姿勢がうかがえます。

スーモの悪い口コミ・評判

多くのユーザーから支持を得ているスーモですが、なかには批判的な口コミも見られます。スーモに対する悪い口コミも知っておくことで、多角的な視点からサービスを把握でき、他サイトとの比較もしやすくなるでしょう。

対応する不動産屋の質が必ずよいとはいえない

スーモはポータルサイトという性質上、不動産屋から寄せられた物件情報をまとめて掲載する構造になっています。

よい口コミでもご紹介しましたが、掲載されている不動産屋が優良ではないケースもあるので要注意です。

上記はスーモで問い合わせたところ、同じ不動産屋の複数の担当者から連絡が来てしまった方の口コミです。

不動産屋の対応が悪いと、お部屋探しのモチベーションまで低下してしまう可能性もあるでよう。

掲載されている情報が常に新しいとはいえない

スーモには多数の物件情報が掲載されていますが、情報のすべてが最新とは限りません。システムのタイムラグなどによって、成約済みの物件情報が残ってしまっている場合なども考えられます。

また、スーモには不動産屋から提供された物件情報が掲載されていますが、未公開の物件も存在します。

「RoomPa」ではリアルタイムに情報が更新される不動産業者向けのデータベースを使用しており、SUUMOでは未公開の物件情報をふくめ、あなたにぴったりなお部屋を提案してくれます。

おとり物件に出くわす可能性がゼロではない

スーモはコンプライアンス意識が高く、不動産屋にも厳正な情報提供を求めていますが、おとり物件が掲載されている可能性もあります。

おとり物件とは、不動産屋が意図的に掲載する成約済みの物件情報のことです。おとり物件には条件のよいものが多く、問い合わせが来やすいという特徴があります。集客の糸口として効果的なため、おとり物件を掲載する不動産屋が存在するのです。

口コミにもあるように、スーモであってもおとり物件が掲載されている点は頭に入れておくとよいでしょう。

「RoomPa」では不動産業者が用いる専用データベースにもとづいてお部屋を紹介するため、おとり物件がないのが特徴です。

スーモを利用するメリット3選

スーモは物件情報が豊富で検索機能も使いやすいこととご説明しました。では、実際にスーモを利用した際にどのようなメリットが考えられるでしょうか。

ここでは、スーモを利用した際に大きなメリットと考えられるポイントを、以下の3つご紹介します。

  • 「エリアの口コミ」で地域ごとの治安や特徴を把握しやすい
  • 条件を細かく設定して検索しやすい
  • 物件の家賃相場を把握しやすい

順に解説しましょう。

「エリアの口コミ」で地域ごとの治安や特徴を把握しやすい

スーモにはサイト内にユーザーの口コミを掲載する機能が搭載されています。

例えば、スーモで「JR山手線 新宿」など沿線・駅から物件を検索すると、条件に合致する物件の一覧が表示されます。

物件情報が表示されたページの下部には、「新宿駅に関する情報」と駅周辺の住民の口コミも同時に表示されます。

口コミは「アクセス」や「飲食店」などに分類されており、知りたい情報別にさらに詳しく見ることが可能です。

口コミによって駅やエリアごとの特徴を把握できるため、物件選びの判断材用として活用しやすいでしょう。

条件を細かく設定して検索しやすい

スーモの検索システムは多彩な機能を搭載しており、さまざまな条件で物件を絞り込むことが可能です。

条件には「ペット相談」や「オートロック」などもあり、細かい要望に絞った検索もできます。

特集も組まれており、敷金・礼金がともに0円の物件も紹介されています。

費用の節約のほかにも、「学生向け」「女性向け」などの幅広い条件での検索にも対応しているのが特徴です。

検索条件を複数組み合わせれば、あなたの理想のお部屋を効率的に探すことができるでしょう。

なお、「Roompa(ルムパ)」では、敷金・礼金なしの物件の取扱いも多く、SUUMOに載っていない物件からもお部屋を紹介してくれます。また、「物件のご提案だけでなく、管理会社との交渉で初期費用を10~20万円ほど安く抑えられます。

これからお部屋探しをする方で、初期費用を安くしたい方にぴったりのサービスです。

物件の家賃相場を把握しやすい

スーモの「家賃相場から探す」検索方法もおすすめです。

例えば、家賃相場から東京都を検索した場合、エリアまたは沿線ごとの家賃の平均を知ることができます。

エリアから検索:23区および市部別の家賃相場を一覧形式で表示

沿線から検索:選択した沿線の駅ごとの家賃相場を一覧形式で表示

住みたい地域の相場が視覚的に把握できるうえに、さらにエリアごとに物件を検索できるため、あなたの予算に合わせたお部屋探しが可能です。

スーモを利用するデメリット3選

幅広いユーザーから支持を得ているスーモですが、不便な点もあります。ここでは、スーモを利用する際に気をつけておきたいことを以下の3点ご紹介します。

  • 物件掲載数が多すぎることでかえって物件が探しづらい
  • 会員登録によるメリットが少ない
  • キャンペーンなどによる特典を受けづらい

それぞれ詳しく見ていきましょう。

物件掲載数が多すぎることでかえって物件が探しづらい

スーモには非常に多くの物件情報が掲載されていますが、裏を返せば選択肢が多すぎるともいえます。

検索条件を十分に絞り込めなかった場合、表示される物件が多すぎて、かえって探しづらく感じてしまうかもしれません。

また、複数の不動産屋からの情報が掲載されているため、同じ物件の情報が重複していることもあります。前述したように、おとり物件が潜んでいるかもしれない点にも注意しましょう。

掲載されている情報が多すぎるうえにダブりがあることで、情報をフルに活用できない可能性があるのです。

会員登録によるメリットが少ない

スーモは会員登録をすることができます。会員登録をすることで、物件情報がメールで送信されます。

メールによって物件情報を随時受け取れるのは便利ですが、それ以外にはこれといったメリットが考えづらいかもしれません。

会員登録をすることによる特典が少なく、ゲスト利用している場合と大差がないといえます。

キャンペーンなどによる特典を受けづらい

近年の賃貸サイトは多様化しており、成約時に1万円をキャッシュバックするなど、魅力的なキャンペーンを導入しているサイトもあります。

一方で、スーモを経由して不動産屋の物件を契約しても、スーモからはこれといった特典は受け取れません。

キャンペーンを積極的に実施している賃貸サイトと比較した場合、スーモを利用するメリットを感じづらくなるかもしれません。

スーモの利用が向いている人・向いていない人

スーモのさまざまな特徴をご紹介しました。では、あなたはスーモを利用するのに適しているのでしょうか。ここでは、スーモの利用が向いている人と向いていない人のタイプをご紹介します。

スーモの利用が向いている人のタイプ

あなたが以下のようなタイプであればスーモをおすすめできます。

  • 口コミなど住民の意見も取り入れたい
  • どの不動産屋に行ってよいかわからない
  • 多くの物件情報から自分でお部屋探しをしたい

スーモのウリは豊富な情報量と便利な検索機能です。特定の不動産屋を訪ねるよりも多くの物件情報をキャッチできるでしょう。

また、エリアや駅周辺の口コミから住民の率直な感想を知ることも可能です。

お部屋探しの初心者でも快適に利用できる賃貸サイトといえるでしょう。

スーモの利用をあまり向いていない人のタイプ

以下のようなタイプの方には、スーモはあまり適さないかもしれません。

  • 特定の不動産屋と契約を結びたい
  • キャンペーンなどをお得に利用したい
  • 希望に添った物件を提案してほしい

もしも、特定の不動産屋にこだわりがあるのなら、スーモを経由するよりも直接問い合わせたほうが効率的です。

前述したように、スーモを経由するとキャンペーンなどの条件が適用されにくくなります。

スーモは情報量が多いため、いろいろな物件の情報が気になると逆に絞り込みに苦労するかもしれません。

特に、不動産屋に信頼感を求めたい方やキャンペーンを利用したい方は、スーモ以外の賃貸サイトも候補に入れておくことをおすすめします。

「RoomPa」では、この記事を読んだ方限定で5万円をキャッシュバックするなどのキャンペーンを積極的に行っています。

担当スタッフが豊富な知識にもとづいて希望に添ったお部屋を提案するため、お部屋探しが面倒に感じる方や物件選びに自信のない方にもおすすめです。

また、担当スタッフはお部屋探しと同時に管理会社との交渉を行い、格安の初期費用を実現します。

スーモ経由で物件を取り扱う不動産屋に問い合わせるよりも、費用を安く抑えられる確率は高くなるといえます。

スーモとの徹底比較 | おすすめの賃貸サイト3つ

スーモは圧倒的な物件情報や便利な検索システムから、非常に優良な賃貸サイトといえます。

ただし、スーモ以外の賃貸サイトもさまざまな魅力的なサービスを提供しているのも事実です。

ここでは、スーモと比較した場合のメリットも踏まえて、おすすめの賃貸サイトを3つご紹介します。

RoomPa | 格安の初期費用を実現できるオンライン完結型サービス

画像出典元:RoomPa

RoomPaのおすすめポイント

  • 格安の初期費用を実現可能
  • 専用データベースによる未公開の物件情報あり
  • オンラインで問い合わせから契約まで完結

RoomPaは株式会社Amufiが運営する賃貸サイトです。東京・神奈川・埼玉・京都・大阪・兵庫の物件情報に対応しています。

RoomPaではLINEによる問い合わせが23時まで可能です。希望に添った物件情報をご提案するとともに、管理会社との交渉で初期費用を格安にするのが大きな特徴です。

問い合わせから契約までの全行程がオンラインで完結するように設計されている点も見逃せません。特に、地方から東京周辺に引っ越す方には、交通費や時間を大幅に節減できるというメリットがあります。

仲介業者と独自のネットワークを構築しており、経験豊富なエージェントが、スーモで未公開物件の物件情報からお部屋を提案します。情報に独自性があり、思わぬ掘り出し物件に巡りあえるチャンスにも恵まれるでしょう。

なお、RoomPaはこの記事を読んだ方限定で物件を契約した方に、 初期費用5万円OFFとなるキャンペーンを実施中です。

キャンペーンコード:T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

  • 家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件
  • AD(広告料)150%未満の物件
  • 他のクーポンとの併用

スマイティ | 成約時にもれなく5万円をキャッシュバック

画像出典元:スマイティ

スマイティのおすすめポイント

  • 物件の契約が成立した方にはもれなく1万円をキャッシュバック
  • 通勤・通学や家賃相場から物件の検索が可能

スマイティは株式会社カカクコムが運営する賃貸サイトです。「食べログ」などのサービスも展開する企業が運営しており、スーモと同じく企業の信頼性が高いのが特徴です。

キャンペーンを積極的に開催しており、問い合わせから45日以内に物件が成約した場合、全員に1万円がキャッシュバックされます。お得なキャンペーンを利用したい方におすすめの賃貸サイトです。

全国の物件情報から、学校・職場の最寄り駅やエリアごとの家賃相場といった条件を指定して物件を検索できるので、効率よくお部屋探しができます。

ホームズ | 多彩な検索機能によるこだわりのお部屋探しを実現

画像出典元:ライフルホームズ

ホームズのおすすめポイント

  • 全国の物件情報に対応するポータルサイト
  • 通学・通勤時間でも検索ができて便利

ホームズは株式会社LIFFUL(ライフル)が運営する賃貸サイトです。全国の物件情報に対応しており、掲載件数も約450万件と豊富なのが特徴です。(2021年7月現在)

ホームズのもうひとつの特徴は、検索条件の多彩さにあります。ホームズはポータルサイトでありながら、特定の不動産屋からも物件を検索することができます。

また、パノラマで閲覧できる物件も多くあり、お部屋の状態が把握しやすいのも便利です。

スーモはユーザーから根強い支持のある賃貸ポータルサイト

スーモは物件情報数が業界ナンバーワンレベルで、情報が検索しやすいのが特徴ですユーザーからの支持も根強く、好意的な口コミが数多く見られます。

ただし、物件情報が最新でなかったり、おとり物件が掲載されていたりする可能性がある点には注意が必要です。

スーモのデメリットを補えるよう、他サイトと併用するのもおすすめです。

特に、RoomPaではスーモで未公開の物件情報からもご紹介するほか、問い合わせには23時までオンラインで対応しています。興味のある物件情報に時間や場所を選ばずアプローチできるというメリットは見逃せません。

さらに、担当スタッフが管理会社との交渉を行い、初期費用を格安にできる点も大きな魅力です。そのため、スーモで見つけた物件情報をRoomPaで仲介可能か問い合わせてみることも入居費用をお得にできる手段でしょう。

この記事を読んでくれた方にRoomPaでお部屋を契約すると初期費用5万円OFFとなるキャンペーンを行っています。

これから下半期に差し掛かり引越しされる方も増えてきますので、今すぐのご登録がおすすめです。

キャンペーンコード:T7k8y2sQ

*下記条件の場合は、キャンペーン対象外となります。

  • 家賃(共益費・管理費含まない)5万円未満の物件
  • AD(広告料)150%未満の物件
  • 他のクーポンとの併用

RoomPaで理想のお部屋を効率的に見つけましょう。